勝林院(読み)しょうりんいん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝林院
しょうりんいん

京都市左京区大原勝林院町にある天台宗の寺。魚山(ぎょさん)大原寺(たいげんじ)と号する。本尊阿弥陀如来(あみだにょらい)。1013年(長和2)左大臣源雅信(まさのぶ)の子寂源(じゃくげん)の創建。大原魚山流声明(しょうみょう)の根本道場として栄えた。1020年(寛仁4)の法華八講(ほっけはっこう)の際の天台僧寛超(かんちょう)・遍救(へんく)の論争、および1186年(文治2)の大原問答で有名である。大原問答は、天台の顕真(けんしん)が、貞慶(じょうけい)・重源(ちょうげん)・証真(しょうしん)ら南都北嶺(ほくれい)の学僧とともに、当時盛んになりつつあった法然(ほうねん)源空を招いて、浄土教についての論議を交わしたものである。平安時代の銅鐘および鎌倉時代の石造宝篋印塔(ほうきょういんとう)は国の重要文化財。本堂は1778年(安永7)の再建。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうりん‐いん ‥ヰン【勝林院】

京都市左京区大原勝林院町にある天台宗の寺。山号は魚山。承和二年(八三五)円仁の開創。長和二年(一〇一三)寂源が中興。文治二年(一一八六)大原談義(大原問答)の行なわれた所で、本尊阿彌陀如来像は「証拠の阿彌陀」として知られる。大原寺。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android