コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北ノ庄 キタノショウ

世界大百科事典 第2版の解説

きたのしょう【北ノ庄】

福井県福井市の中世要衝地。足羽(あすわ)御厨の北庄であったことに由来するという。福井平野の中央に位置し,すでに《太平記》に足羽七城の一つとして記されている。戦国時代,朝倉氏は北陸街道を扼(やく)するこの地に一族を配置し,領国経営を進めた。1573年(天正1)朝倉氏が滅亡すると織田信長は北ノ庄三人衆として木下祐久,明智光秀,津田元嘉を配し,75年には柴田勝家を配置して北陸経営の拠点とした。勝家は九重の天守をもつ北ノ庄城を築くが,83年豊臣秀吉に滅ぼされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きたのしょう【北ノ庄】

福井市の古名。柴田勝家の北庄城があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の北ノ庄の言及

【越前国】より

…また大野郡は金森長近,原政茂,敦賀郡は武藤舜秀が統治した。勝家は北国の重鎮として北ノ庄(現,福井市)に築城して越後の上杉氏を制御し,加越の一揆徒党平定の任に当たった。また九頭竜川には舟橋を架設し,南条郡今庄より板取を経て近江に出るため栃ノ木峠を開削し,また新田開発を進め,諸方に検地を行い,刀狩を実施するなど民政にも留意した。…

※「北ノ庄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北ノ庄の関連キーワード宇都宮釣天井事件福井県福井市中央福井[市]賤ヶ岳の戦岩佐又兵衛大聖寺城小谷の方一乗谷城丹羽長秀鳥越城大野城福岡藩高田城丸岡城堀秀政小谷方福井藩土浦城軽物座福井城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北ノ庄の関連情報