コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北ノ庄 キタノショウ

3件 の用語解説(北ノ庄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたのしょう〔きたのシヤウ〕【北ノ庄】

福井市の古称。柴田勝家の居城地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きたのしょう【北ノ庄】

福井県福井市の中世要衝地。足羽(あすわ)御厨の北庄であったことに由来するという。福井平野の中央に位置し,すでに《太平記》に足羽七城の一つとして記されている。戦国時代,朝倉氏は北陸街道を扼(やく)するこの地に一族を配置し,領国経営を進めた。1573年(天正1)朝倉氏が滅亡すると織田信長北ノ庄三人衆として木下祐久,明智光秀,津田元嘉を配し,75年には柴田勝家を配置して北陸経営の拠点とした。勝家は九重の天守をもつ北ノ庄城を築くが,83年豊臣秀吉に滅ぼされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きたのしょう【北ノ庄】

福井市の古名。柴田勝家の北庄城があった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の北ノ庄の言及

【越前国】より

…また大野郡は金森長近,原政茂,敦賀郡は武藤舜秀が統治した。勝家は北国の重鎮として北ノ庄(現,福井市)に築城して越後の上杉氏を制御し,加越の一揆徒党平定の任に当たった。また九頭竜川には舟橋を架設し,南条郡今庄より板取を経て近江に出るため栃ノ木峠を開削し,また新田開発を進め,諸方に検地を行い,刀狩を実施するなど民政にも留意した。…

※「北ノ庄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北ノ庄の関連情報