北マリアナ連邦(読み)きたまりあなれんぽう(英語表記)Commonwealth of the Northern Mariana Islands

日本大百科全書(ニッポニカ)「北マリアナ連邦」の解説

北マリアナ連邦
きたまりあなれんぽう
Commonwealth of the Northern Mariana Islands

太平洋西部、ミクロネシアにあるアメリカ自治領グアム島を除くマリアナ諸島が、1976年自治領化を決め、78年自治政府を発足させてアメリカ自治領北マリアナ連邦となった。首都はサイパン島ガラパン。面積471平方キロメートル、人口8万1500(2001推計)。うちサイパン島に約7万5800が集中し、ついでロタ島3100、テニアン島2600と、極端に差がある。

 小笠原(おがさわら)諸島とグアム島を連ねるマリアナ諸島は延長560キロメートルに及び、火山性の16の島からなるが、うち3島は群島をなすので、島名としては14が数えられる。すなわち北からウラカス島(またはパハロス島)、マウグMaug三島、アスンシオンAsuncion島(またはサン・イグナシオSan Ignacio島)、アグリハンAgrihan島、パガンPagan島、アラマガンAlamagan島、ググアンGuguan島、サリガンSarigan島、アナタハン島、メディニーヤMedinilla島、サイパン島、テニアン島、アグイハンAguijan島、ロタ島(またはルタ島、ザルパネ島)で、最高点はアグリハン島の965メートル。また、マウグ三島は、沈降して火口壁の三つの峰が中にラグーン(潟湖(せきこ))を囲んだ形になったものである。全域にわたってサトウキビ、コプラの産出があるが、1960年代以降テニアン島などでは牧牛も行われる。

 本来、チャモロ人が居住して強大な部族国家を形成していたが、1668年以来スペイン領となり、当時のスペイン国王の母マリアナ女王の名をつけた。1898年グアム島がアメリカ領となり、他は同年ドイツが購入した。第一次世界大戦後、日本の委任統治領、第二次世界大戦後はアメリカ信託統治領となっていた。マリアナ諸島は旧称ラドローネLadrone諸島。

[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「北マリアナ連邦」の解説

きたマリアナ‐れんぽう〔‐レンパウ〕【北マリアナ連邦】

Commonwealth of the Northern Mariana Islands》太平洋西部にある米国自治領。マリアナ諸島グアム島を除くサイパン島ロタ島テニアン島など14の島々からなる。元はチャモロ人が居住し、1668年にスペイン領、1898年にドイツ領、第一次大戦後から1944年まで日本の委任統治領となった。第二次大戦後は米国信託統治領となり、1978年より自治領。主都はサイパン島のススペ。正式名称は北マリアナ諸島自治連邦。CNMI

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android