コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石垣りん イシガキリン

5件 の用語解説(石垣りんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いしがき‐りん【石垣りん】

[1920~2004]詩人。東京の生まれ。高等小学校卒業後、銀行に勤務のかたわら詩作を続ける。作品に「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」など。「表札など」で H氏賞、「石垣りん詩集」で田村俊子賞、「略歴」で地球賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

石垣りん【いしがきりん】

詩人。東京都生れ。高等小学校卒業。1934年に14歳で日本興業銀行に就職して家族の暮らしを支え,詩作を続けながら定年(1975年)まで勤務した。1938年同人雑誌《断層》創刊に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石垣りん いしがき-りん

1920-2004 昭和後期-平成時代の詩人。
大正9年2月21日生まれ。昭和9年日本興業銀行に入社,50年までつとめる。その間の34年「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」を発表,社会と生活をみすえた詩風で注目された。44年「表札など」でH氏賞,46年「石垣りん詩集」で田村俊子賞。54年「略歴」で地球賞。平成16年12月26日死去。84歳。東京出身。随筆集に「ユーモアの鎖国」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いしがきりん【石垣りん】

1920~2004) 詩人。東京生まれ。第二詩集「表札など」で H 氏賞受賞。働く女性の生活意識に基づく、ヒューマンな詩風を確立する。作品「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」「略歴」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石垣りん
いしがきりん
(1920―2004)

詩人。東京生まれ。高等小学校卒業後、日本興業銀行に就職、55歳の定年まで勤務した。生家は薪炭商で、生活がとくに困窮していたわけではないが、進学しなかったのは、自分で稼いだ金で文学を勉強してみたいという考えからであった。『女子文苑(ぶんえん)』の選者福田正夫に師事、その投稿仲間と同人誌『断層』(1938)を出し、詩と小説を発表した。第二次世界大戦後は職場の組合活動にも参加しながら詩作に集中、庶民生活を凝視するなかで、反戦の思いをライフモチーフとした詩集『私の前にある鍋(なべ)とお釜(かま)と燃える火と』(1959)で注目され、第二詩集『表札など』(1968)で第19回H氏賞を受賞、詩壇での位置を確実なものにした。生活の場における違和感、実在の痛みを研(と)ぎ澄まされた感覚で表出しており、余人のまねのできない世界を構築した。総合詩集『石垣りん詩集』(1971)で田村俊子(としこ)賞を受賞、戦後の代表的な女流詩人として高く評価されることになるが、さらに第三詩集『略歴』(1979)、第四詩集『やさしい言葉』(1984)と、詩境を深めた。その特異性を伊藤信吉は「日常語、平常語で感情の動態を理論的に構成する。その逆に日常語、平常語で理論の核を解きほぐす」と評し、水野友紀子は「この詩人のおもしろさの一つは、表向きに映る現象の向こう側にまでその洞察力が到達して、その底のところから反対に自分が立っている場所を照射するところにある」という。一面的なうたでない複眼で把捉(はそく)した詩は、単純にみえて複雑、外柔内剛の人間の真の強さ、やさしさを教えてくれる。茨木のり子と戦後女流詩人の双璧で、多くの教科書に「シジミ」ほかが採択された。鋭い切れ味のエッセイ集『ユーモアの鎖国』(1973)、『焔(ほのお)に手をかざして』(1980)、『詩の中の風景』(1992)も注目された。[首藤基澄]
『『現代詩文庫46 石垣りん詩集』(1971・思潮社) ▽『詩集 やさしい言葉』(1987・花神社) ▽『詩の中の風景――くらしの中によみがえる』(1992・婦人之友社) ▽『石垣りん詩集 表札など』(2000・童話屋) ▽『石垣りん詩集 私の前にある鍋とお釜と燃える火と』(2000・童話屋) ▽『石垣りん詩集 略歴』(2001・童話屋) ▽『ユーモアの鎖国』『焔に手をかざして』『夜の太鼓』(ちくま文庫) ▽大岡信・谷川俊太郎編『現代の詩人 石垣りん』(1983・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石垣りんの関連キーワード伊藤冨雄小川信菊地吾郎熊田誠古賀憲司辻隆長岡毅新島繁(2)平野竜一藤井澄二

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石垣りんの関連情報