コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足寄町 あしょろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足寄〔町〕
あしょろ

北海道東部,利別川およびその支流の足寄川,美里別川流域に広がる町。 1955年西足寄町と足寄村が合体して発足。地名はアイヌ語のアショロベツ (下る川の意) に由来。穀類,豆類などの栽培のほか,牧草地の造成が進んで,酪農と畜産が行なわれる。町域の約 80%が森林で,林業は農業と並ぶ主要産業。また道東の主要電源地帯で,十勝川水系の水力発電所が3ヵ所ある。雌阿寒温泉,オンネトー湖などのある雌阿寒岳西麓一帯は阿寒国立公園に属する。オンネトー湖の南東にある湯の滝はマンガン酸化物生成地で,国の天然記念物に指定されている。国道 242号線が南北に通り,241号線が分岐。面積 1408.04km2。人口 6990(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

足寄町の関連キーワード北海道足寄郡足寄町上利別本町北海道足寄郡足寄町上足寄本町北海道足寄郡足寄町大誉地本町北海道足寄郡足寄町茂喜登牛北海道足寄郡足寄町芽登本町北海道足寄郡足寄町里見が丘北海道足寄郡足寄町螺湾本町北海道足寄郡足寄町中足寄北海道足寄郡足寄町北六条北海道足寄郡足寄町北三条北海道足寄郡足寄町上足寄北海道足寄郡足寄町北四条北海道足寄郡足寄町北一条北海道足寄郡足寄町上利別北海道足寄郡足寄町上螺湾北海道足寄郡足寄町下愛冠北海道足寄郡足寄町北二条北海道足寄郡足寄町北五条北海道足寄郡足寄町南七条北海道足寄郡足寄町大誉地

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足寄町の関連情報