北陸銀行[株](読み)ほくりくぎんこう

百科事典マイペディアの解説

北陸銀行[株]【ほくりくぎんこう】

北陸3県と北海道を基盤とする地銀上位行。1877年に金沢第十二国立銀行,1879年に富山第百二十三国立銀行が創業。1884年両行が合併し,富山第十二国立銀行が誕生。十二銀行と改称後,〈一県一行主義〉政策に従い,1943年高岡銀行・中越銀行・富山銀行と合併し北陸銀行として設立。富山県を発祥とする地銀であるが,売薬・海運業の盛んな地域性を反映してか主に北陸3県と北海道に店舗展開。1999年9月公的資金750億円を申請。2003年9月持株会社〈ほくぎんフィナンシャルグループ〉を設立し,その完全子会社となる。本店富山市。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android