コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医療経済学 いりょうけいざいがくmedico economics

2件 の用語解説(医療経済学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医療経済学
いりょうけいざいがく
medico economics

保健,医療領域における諸問題を経済学的に分析,研究する新しい学問分野。医療経済学あるいは保健経済学という名称はアメリカでは 1950年代から使われるようになり,日本でも 60年代以降次第に一般化してきているが,その定義,対象,方法に関しては論者により相違がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いりょうけいざいがく【医療経済学 health economics】

保健や医療をめぐる経済問題を分析する接近法は多様であるが,医療経済学という学問が経済学の一応用分野として確立しはじめるのは,1970年代にはいってからである。先駆的研究としては1960年代中ごろに公にされたアメリカのK.J.アローM.S.フェルドスタインの分析などがあげられる。それ以前にもいくつかの研究が散見されるが,それは,健康や医療行為を労働力を生む人的資源への投資という側面を強調してとらえすぎたきらいがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

医療経済学の関連情報