コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリ

デジタル大辞泉の解説

とり【×酉】

十二支の一つで、その10番目。
方角の名。西。
時刻の名。今の午後6時ごろ、およびその後の2時間、または午後6時前後の2時間。
1にあたる年や日。
陰暦8月の異称。
酉の市。「一の

ゆう【酉】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ユウ(イウ)(漢) [訓]とり
十二支の10番目。とり。「辛酉・丁酉」
[名のり]なが・みのる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とり【酉】

十二支の第十番目。年・日・時刻・方位などに当てる。
時刻の名。今の午後六時頃。または午後五時から七時までの間。または午後六時から八時。 「 -の刻」
方角の名。西方。 → 酉の市酉の日酉の待まち

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


とり

十二支の第10番目。「ゆう」ともいい、十二支獣としてニワトリがあてられる。8月の異称として用いられるほか、江戸時代以来、江戸(東京)では11月の酉の日に、酉の市(いち)の名で知られる鷲(おおとり)神社の祭礼が行われ、幸運や富を掻(か)き寄せるという熊手(くまで)が売られてにぎわう。時刻としても用いられ、今日の午後6時を中心とした前後2時間を「酉の刻」「酉の時」といった。方角としては西をいう。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酉の関連キーワード高田三節(初代)賀茂の臨時祭日読みの酉御免祝い申酉騒ぐ記録書き水辺の鳥矢野鉄山小まん頭革命勘文慶長条約暮れ六つ多田祥梧明石行憲辛酉革命一の酉卯酉圏抄物書卯酉儀十二時

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酉の関連情報