コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千早赤阪[村] ちはやあかさか

2件 の用語解説(千早赤阪[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちはやあかさか【千早赤阪[村]】

大阪府南東端,南河内郡の村。人口7459(1995)。金剛山の西斜面を占める農山村で,村域の大半を山林が占め,杉やヒノキの良材を産出する。傾斜地におけるミカン栽培が盛んで,千早川,水越川沿いでは米作が行われる。かつては高野豆腐の生産が盛んであったが,現在は衰えた。鎌倉末期から南北朝期に活躍した楠木一族ゆかりの史跡が多く,南朝方の拠点となった千早城赤坂城の跡があり,国の史跡に指定されている。水の神として知られる建水分(たけみくまり)神社もあり,本殿は重要文化財になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

千早赤阪[村]【ちはやあかさか】

大阪府南東端,南河内郡の村。千早川の上流域にあたり,東の金剛山地は奈良県との境をなす。山林が大半を占め林業が行われるほか,温暖な気候を利用してミカンも産する。南北朝時代の武将として名高い楠木正成生誕の地として知られ,ゆかりの史跡として北部には平山城の赤坂城跡,南部には本格的山城の千早城跡が残り,毎年4月には楠公祭も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

千早赤阪[村]の関連キーワードヤショーバルマン紫香楽宮セルフうどん県内の海産稚アユ採捕量英馬力大乗寺鎮西府イスマーイール派重要文化財東大寺