コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千早城 ちはやじょう

7件 の用語解説(千早城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千早城
ちはやじょう

千剣破城とも書く。元弘2=正慶1 (1332) 年楠木正成が河内国の金剛山 (大阪府南河内郡千早赤阪村) に築いた山城。正成は地形を利用した奇策で 100万と称する鎌倉幕府の大軍を悩まし,諸国の官軍を鼓舞したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちはや‐じょう〔‐ジヤウ〕【千早城】

大阪府南河内郡千早赤阪村の金剛山中腹にあった城。元弘2年(1332)楠木正成(くすのきまさしげ)が築城。正成が立てこもり、鎌倉幕府の大軍を一手に受けて抗戦した。金剛山城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

千早城【ちはやじょう】

楠木正成が金剛山の西側(大阪府南河内郡千早赤阪村)に築いた山城。元弘の乱に,赤坂城の陥落後正成はここに立てこもり,幕府の包囲軍と戦った。南北朝内乱時にも楠木氏の根拠地であったが,1392年楠木氏が畠山氏に敗れ,城も落とされたとみられる。
→関連項目大阪[府]金剛山(日本)千早赤阪[村]新田氏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちはやじょう【千早城】

河内国金剛山の西側(現,大阪府南河内郡千早赤阪村)にあった南北朝時代の山城。千剣破城とも書く。1331年(元弘1)赤坂城から落ちた楠木正成(くすのきまさしげ)は翌年冬,当城を築いて再起した。33年1月,鎌倉幕府は護良(もりよし)親王の拠る吉野と当城に大軍をさしむけた。攻撃軍の編成は《楠木合戦注文》によって知られる。正成は知謀をつくして攻撃にたえ,攻防の状況は《太平記》にくわしく描かれるほか,和田助家軍忠状(和田文書)等にも記される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちはやじょう【千早城】

河内国金剛山の西側(現、大阪府南河内郡千早赤阪村)にあった山城。1322年赤坂城の支城として楠木正成が築城。翌年赤坂城が陥おちると楠木氏の本拠となり、鎌倉幕府の大軍の攻撃によく耐えた。92年廃城。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典の解説

ちはやじょう【千早城】

大阪府南河内郡千早赤阪村にあった山城(やまじろ)。鎌倉時代末期に楠木正成(くすのきまさしげ)が築城した城の一つ。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。1332年(元弘2/正慶1)、楠木氏の赤坂城(同村)の詰(つめ)の城として築かれ、攻防戦の拠点として用いられた。1333年(元弘3、正慶2)、下赤坂城・上赤坂城が落城し、千早城に攻めてきた鎌倉幕府の大軍に対して1000人ほどの城兵が種々の奇策を用いた戦法で翻弄し、大軍を足止めさせ、建武新政の大きな原動力となった。以後、千早城は楠木氏の本城であったが、1392年(明徳3/元中9)正成の孫正勝(まさかつ)のときに畠山基国(もとくに)の武将白井弾正(だんじょう)に攻められ、落城した。千早城は金剛山の急斜面を巧みに利用した山城で、四方を絶壁の谷に囲まれ、唯一城の背後のみ細い山道(現金剛山登山道)によって山頂へと通じている。現在、城跡は千早神社の境内となっていて、本丸跡・二の丸跡・三の丸跡・四の丸跡の遺構が残っている。南海高野線河内長野駅または近鉄長野線富田林駅からバスで金剛登山口下車。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千早城
ちはやじょう

南北朝期の城。大阪府千早赤阪(あかさか)村千早にある山城(やまじろ)で、千剣破城とも書き、金剛山(こんごうざん)城ともいう。1332年(元弘2)冬、楠木正成(くすのきまさしげ)によって本城赤坂城の詰(つめ)の城として築かれた。翌年赤坂城が落城ののちは楠木氏の本拠となり、鎌倉幕府の大軍をここに釘(くぎ)づけにして悩ませたことは『太平記(たいへいき)』などによって広く知られている。城は標高1125メートルの金剛山の中腹に築かれ、五つの曲輪(くるわ)からなり、南は千早谷、北は北谷、東は風呂(ふろ)谷、西は妙見谷という断崖(だんがい)に臨み、馬の背のような地形の頂を削平した要害にあった。正成のあと、正行(まさつら)、正儀(まさのり)、正勝(まさかつ)と伝え、1392年(元中9・明徳3)畠山基国(はたけやまもとくに)に攻められ落城。城跡は国史跡。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千早城の関連キーワード大阪府南河内郡千早赤阪村東阪大阪府南河内郡千早赤阪村川野辺大阪府南河内郡千早赤阪村桐山大阪府南河内郡千早赤阪村小吹大阪府南河内郡千早赤阪村水分大阪府南河内郡千早赤阪村千早大阪府南河内郡千早赤阪村中津原大阪府南河内郡千早赤阪村二河原辺大阪府南河内郡千早赤阪村森屋大阪府南河内郡千早赤阪村吉年

千早城の関連情報