千早城(読み)チハヤジョウ

デジタル大辞泉 「千早城」の意味・読み・例文・類語

ちはや‐じょう〔‐ジヤウ〕【千早城】

大阪府南河内郡千早赤阪村の金剛山中腹にあった城。元弘2年(1332)楠木正成くすのきまさしげ築城。正成が立てこもり、鎌倉幕府大軍一手に受けて抗戦した。金剛山城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「千早城」の意味・わかりやすい解説

千早城 (ちはやじょう)

河内国金剛山の西側(現,大阪府南河内郡千早赤阪村)にあった南北朝時代の山城。千剣破城とも書く。1331年(元弘1)赤坂城から落ちた楠木正成(くすのきまさしげ)は翌年冬,当城を築いて再起した。33年1月,鎌倉幕府は護良(もりよし)親王の拠る吉野と当城に大軍をさしむけた。攻撃軍の編成は《楠木合戦注文》によって知られる。正成は知謀をつくして攻撃にたえ,攻防の状況は《太平記》にくわしく描かれるほか,和田助家軍忠状(和田文書)等にも記される。建武新政以後も楠木正行(まさつら)・正儀らが拠ったが,92年(明徳3)正勝が畠山基国に敗れ,以後廃城となった。《太平記》に〈この城東西は谷深く切って,人の上るべき様もなし。南北は金剛山につづきて,しかも峯峙(そばだち)たり。されども高さ二町計(ばかり)にて,廻り一里に足ぬ小城〉と描かれるように,金剛山より西走する支脈先端の小独立峰に城跡があり,標高670m,三方は深い渓谷をなしている。五つの郭跡がみられるほか,空堀堀切などが遺存し,二の丸跡には千早神社がある。国指定史跡。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本の城がわかる事典 「千早城」の解説

ちはやじょう【千早城】

大阪府南河内郡千早赤阪村にあった山城(やまじろ)。鎌倉時代末期に楠木正成(くすのきまさしげ)が築城した城の一つ。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。1332年(元弘2/正慶1)、楠木氏の赤坂城(同村)の詰(つめ)の城として築かれ、攻防戦の拠点として用いられた。1333年(元弘3、正慶2)、下赤坂城・上赤坂城が落城し、千早城に攻めてきた鎌倉幕府の大軍に対して1000人ほどの城兵が種々の奇策を用いた戦法で翻弄し、大軍を足止めさせ、建武新政の大きな原動力となった。以後、千早城は楠木氏の本城であったが、1392年(明徳3/元中9)正成の孫正勝(まさかつ)のときに畠山基国(もとくに)の武将白井弾正(だんじょう)に攻められ、落城した。千早城は金剛山の急斜面を巧みに利用した山城で、四方を絶壁の谷に囲まれ、唯一城の背後のみ細い山道(現金剛山登山道)によって山頂へと通じている。現在、城跡は千早神社の境内となっていて、本丸跡・二の丸跡・三の丸跡・四の丸跡の遺構が残っている。南海高野線河内長野駅または近鉄長野線富田林駅からバスで金剛登山口下車。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

百科事典マイペディア 「千早城」の意味・わかりやすい解説

千早城【ちはやじょう】

楠木正成が金剛山の西側(大阪府南河内郡千早赤阪村)に築いた山城。元弘の乱に,赤坂城の陥落後正成はここに立てこもり,幕府の包囲軍と戦った。南北朝内乱時にも楠木氏の根拠地であったが,1392年楠木氏が畠山氏に敗れ,城も落とされたとみられる。
→関連項目大阪[府]金剛山(日本)千早赤阪[村]新田氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「千早城」の意味・わかりやすい解説

千早城
ちはやじょう

南北朝期の城。大阪府千早赤阪(あかさか)村千早にある山城(やまじろ)で、千剣破城とも書き、金剛山(こんごうざん)城ともいう。1332年(元弘2)冬、楠木正成(くすのきまさしげ)によって本城赤坂城の詰(つめ)の城として築かれた。翌年赤坂城が落城ののちは楠木氏の本拠となり、鎌倉幕府の大軍をここに釘(くぎ)づけにして悩ませたことは『太平記(たいへいき)』などによって広く知られている。城は標高1125メートルの金剛山の中腹に築かれ、五つの曲輪(くるわ)からなり、南は千早谷、北は北谷、東は風呂(ふろ)谷、西は妙見谷という断崖(だんがい)に臨み、馬の背のような地形の頂を削平した要害にあった。正成のあと、正行(まさつら)、正儀(まさのり)、正勝(まさかつ)と伝え、1392年(元中9・明徳3)畠山基国(はたけやまもとくに)に攻められ落城。城跡は国史跡。

[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山川 日本史小辞典 改訂新版 「千早城」の解説

千早城
ちはやじょう

千剣破城・茅葉屋城・金剛山城とも。大阪府千早赤阪村にあった楠木正成が詰の城とした南北朝期の山城。下赤坂城落城後,1332年(元弘2)の正成の再挙兵のときに築造された。上赤坂城の落城後は正成の本拠となり,幕府軍の攻撃に最後まで落城しなかった。「太平記」には,正成が千早城を舞台とし,奇策で幕府軍を悩ませたようすが記される。南北朝期にも楠木氏が拠ったが,92年(明徳3・元中9)正勝が畠山基国に攻められて落城し廃城。金剛山から延びる標高673mの尾根に位置する。南北朝期の城らしく,郭の削平は不十分なところがある。二の丸跡に千早神社が祭られる。城跡は国史跡。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「千早城」の意味・わかりやすい解説

千早城
ちはやじょう

千剣破城とも書く。元弘2=正慶1 (1332) 年楠木正成が河内国の金剛山 (大阪府南河内郡千早赤阪村) に築いた山城。正成は地形を利用した奇策で 100万と称する鎌倉幕府の大軍を悩まし,諸国の官軍を鼓舞したという。城は千早谷,風呂谷に囲まれた天然の堅塁であった。現在,大手口の的場と称する平坦部には宝剣塔が,また本丸跡には千早城旧跡の銅標が立っている。建武中興後も楠木氏の根拠地となっていたが,元中7=明徳1 (90) 年畠山基国に攻められて落城し,廃された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「千早城」の解説

千早城
ちはやじょう

鎌倉末期,元弘の変のとき楠木正成が籠城した城
1332年,正成が河内国(大阪府)金剛山の中腹に築いたもので,赤坂城落城後ここにたてこもり幕府の大軍に包囲されながら,策略と奇襲で幕府軍を悩ました。建武以後も楠木氏の根拠地となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

事典・日本の観光資源 「千早城」の解説

千早城

(大阪府南河内郡千早赤阪村)
日本100名城」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android