卒都婆流(読み)そとばながし

世界大百科事典 第2版の解説

そとばながし【卒都婆流】

(1)平曲の曲名。平物(ひらもの)。フシ物。鬼界ヶ島に流刑になった平康頼入道と丹波少将成経は,深く信仰していた熊野三山を島の中に勧請(かんじよう)して,参拝を重ねていた。ある日,神前で通夜をして今様を歌ったが,その仮睡の中で,緋のをはいて帆舟に乗った女たちが二,三十人浜に上がった夢を見た。女たちは〈よろづの仏の(がん)よりも 千手の誓ひぞ頼もしき……〉という今様を歌って消え去った(〈中音(ちゆうおん)〉)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android