コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三善氏 みよしうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三善氏
みよしうじ

古代~室町時代の学問の家。百済族,漢族があり,宿禰 (すくね) 姓であったが,平安時代中期に清行が出て,文章博士となり,朝臣姓を賜わった。以後明法 (みょうぼう) ,算道をもって朝廷に仕え,のち康信のとき鎌倉幕府問注所執事となり,町野,矢野,太田,一宮飯尾布施などの諸氏が出て鎌倉,室町幕府問注所執事,評定衆,奉行人などとして栄えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みよしうじ【三善氏】

この氏には二つの流れがある。(1)百済系 《新撰姓氏録》に〈錦部連三善宿禰と同祖,百済王速古大王の後なり〉とみえる。その渡来年代はわからないが,錦部連の一部が三善宿禰への改氏改姓を許されたのは805年(延暦24)前後で,当時,後宮女官に姉継,弟姉という人物がいた。ついで三善宿禰に朝臣の姓を賜ったのは903年(延喜3)ころで,当時,文章博士兼大学頭の清行などが活躍していた。清行の子は,文江と文明が文人官吏となり,浄蔵日蔵が出家しているが,それ以後直系の子孫に著名人は見えない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三善氏
みよしうじ

古代~中世に学問の家として聞こえた氏族。錦織(にしごり)氏の後裔(こうえい)にして『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』には三善宿禰(すくね)とみえるが、10世紀初頭、清行の代に至って朝臣(あそん)の姓を賜った。清行は文章博士(もんじょうはかせ)、大学頭(かみ)から参議宮内卿(さんぎくないきょう)にまで栄進し、以来その子孫は明法(みょうぼう)、算道を家職としたが、同氏には百済(くだら)系と漢系との2流があった。三善康信(やすのぶ)は母の姉が源頼朝(よりとも)の乳母であった縁から、やがて関東に下り、鎌倉幕府の初代問注所(もんちゅうじょ)執事となった。彼の子孫は町野(まちの)、大田(おおた)、矢野(やの)、問注所、飯尾(いのお)、一宮(いちのみや)、布施(ふせ)などの諸氏に分かれ、鎌倉幕府の問注所執事、評定衆(ひょうじょうしゅう)、引付衆(ひきつけしゅう)などを勤めたほか、室町幕府でも各種の要職に任じた。備後(びんご)国大田荘(しょう)(広島県世羅(せら)郡)をはじめ、各地に土着、武士化した者も少なくない。[杉橋隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三善氏の言及

【算道】より

…しかし平安中期より三善・小槻両氏から算博士が任ぜられるようになった。三善氏は学問的な算道を伝え,小槻氏は《職原鈔》に〈諸国調賦算勘の為,其職に居る〉といわれるように,実用的な方面であったらしい。しかし律令制の衰退とともにその実を失っていった。…

【備後国】より

…泰重の子頼重の弟重広の系統は田総荘以下を相伝して田総氏を名のり,泰重の弟泰茂の子頼秀の系統は長和荘西方などを相伝した。大田荘地頭三善氏では康信の死後,康継が大田方,康連が桑原方を継ぎ,以後それぞれの系統が相伝した。桑原方地頭が幕府の要職にあって代官支配にゆだねられたのに対し,大田方の地頭は在地に密着した支配を展開した。…

※「三善氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三善氏の関連キーワード三善長衡三善康信三善康持三善清行太田氏博士家飯尾氏布施氏大田荘町野氏家学

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android