コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

占有標 せんゆうひょう

2件 の用語解説(占有標の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

占有標
せんゆうひょう

土地や物を特定の個人が独占的に利用する権利を有することを示す標識。狩猟採集民の社会では,たとえば山野の果樹,動物や魚など自然物の採集,狩猟に際し,獲物に小枝や石を置いたり草を結んでおくことにより,他者の利用を排除することができた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

占有標
せんゆうひょう

事物の占有標識。土地・家屋をはじめ資財一般に、占有者を明記した標札、標木の類を付して占有の証とするのは一般の風習で、その由来も久しい。古代古典にも山野に「シメ(標)を刺し」「シメを結って」先占の意を表示したことがみえる。神域、祭場を画するシメ(注連、標)の縄張りはその古意がいまに活(い)かされているものであり、野宿に際し四隅に柴(しば)を挿して山の神の許しを願い、あるいは焼畑予定の山野に標(しめ)を張って「地もらい」を山の神に請う習俗などもまた同趣であった。山野の草木類の採取に、小石や折り枝を置き、あるいは草を結んでおくという素朴な目印も同類であり、やがては伐木に各自特定の「木印(きじるし)」を斧(おの)で刻み込んだり、あるいは放牧の牛馬の耳に特定の傷痕(耳印)をつけて個別占有の標とするようにもなっていく。釣り上げた魚に各自独自の「歯形」をつけて占有の標とするのも同趣であった。農具や家具に「焼き判」で「家印(いえじるし)」を押して所有の標とするのは、いわばこうした風習の発展で、近世の村々ではおおむね家ごとに特定の「家印」が「家紋」とは別に設定されてもいた。荘園(しょうえん)の四至に立てられた「(ぼうじ)」などは土地標木の古い例であり、その伝統は広く今日にも及んでいて、戸別の標札掲示の類もまたその余流である。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占有標の関連キーワード個人情報テリトリー制所有権育成者権私室専有部分独占的オプション(Option)通貨先物(Financial Futures)土地保有

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone