コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原鶴温泉 はらづるおんせん

4件 の用語解説(原鶴温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原鶴温泉
はらづるおんせん

福岡県中部,朝倉市の南端,筑後川中流右岸にある温泉。泉質は単純泉,放射能泉。泉温は 42~55℃で湯量豊富。リウマチ,神経痛などにきくといわれる。付近には観光果樹園が多い。鵜飼いでも知られ,耶馬日田英彦山国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕原鶴温泉(はらづるおんせん)


福岡県南東部の朝倉(さくら)市、筑後(ちくご)川北岸にわく行楽向きの温泉。川を隔てた対岸に吉井(よしい)温泉、その3km上流に筑後川温泉がある。夏期に行われる観光鵜飼(うか)いが名物。付近はブドウ・ナシ・カキの名産地で果物狩りが盛ん。泉温42℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原鶴温泉
はらづるおんせん

福岡県朝倉(あさくら)市にある温泉。泉質は単純温泉。筑後(ちくご)川中流北岸に位置し、景観に恵まれた県内一の温泉郷で、耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に含まれ旅館設備は充実している。温泉名の起源は、ツルが傷をいやしているところを里人が発見したという故事に由来する。JR久大(きゅうだい)本線筑後吉井駅より車で10分。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原鶴温泉の関連情報