コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双務契約・片務契約 そうむけいやくへんむけいやく

1件 の用語解説(双務契約・片務契約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうむけいやくへんむけいやく【双務契約・片務契約】

たとえば,売買契約において売主は物を引き渡す義務を負い,買主はこれに対し代金支払義務を負うというように,契約の各当事者が互いに対価的な意味をもつ債務を負担する契約を双務契約という。対価たる意味を有するかどうかは当事者の主観で決められるから,代金がいくら安くても,当事者が売買のつもりなら,その代金は対価的な意味をもつ。双務契約はすべて有償契約である。民法が定める契約のうち,売買,交換,賃貸借,雇傭,請負,有償委任,有償寄託,組合,和解などは双務契約である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の双務契約・片務契約の言及

【契約】より

…このほか,両者間には効力に差異があることが多い(たとえば贈与者の担保責任について規定する551条と売主の担保責任について規定する561条以下との対比)。(2)双務契約・片務契約 契約当事者双方が対価的意味をもつと考える債務を負担する契約が双務契約,そうでない契約が片務契約である。民法上双務契約はすべて有償契約である。…

※「双務契約・片務契約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone