コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双海 ふたみ

2件 の用語解説(双海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

双海
ふたみ

愛媛県中西部,伊予市南西部の旧町域。伊予灘に面する。 1955年上灘町と下灘村が合体して町制。 2005年伊予市,中山町と合体して伊予市となる。断層崖が海岸まで迫る。海岸線は直線に近く,上灘川,豊田川などが流れ込む

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双海
ふたみ

愛媛県中部、伊予郡にあった旧町名(双海町(ちょう))。現在は伊予市の西部を占める地域。伊予灘(なだ)に面す。旧双海町は、1955年(昭和30)上灘(かみなだ)町と下灘村が合併して成立。2005年(平成17)中山町とともに伊予市に合併。町名が難読であることから一時、伊予灘町への改名をめぐる住民運動もおきた。JR予讃(よさん)線、国道56号、378号が通じる。西部は中央構造線に沿った断層海岸が続き、漁村が点在する。古くからイワシ漁業が行われ、中心地区の上灘は漁業の基地ともなっている。下灘地区は底引網漁業が盛んで、豊田漁港には漁民住宅団地がある。山地ではミカン栽培のほか、断層崖(がい)の南側の傾斜地ではタバコや米の栽培がみられる。松山市の通勤圏に入る。[横山昭市]
『『双海町誌』(1971・双海町) ▽『双海町誌 改訂版』(2005・双海町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

双海の関連情報