反応性高分子(読み)ハンノウセイコウブンシ

世界大百科事典 第2版「反応性高分子」の解説

はんのうせいこうぶんし【反応性高分子 reactive polymer】

高分子はその材料としての利用においては一般に物理的,化学的に安定であることが望まれる。たとえば化学的に反応性の高い高分子を材料として用いると使用時に大気中の水分酸素,またなどの影響を受けて,分解劣化を起こしやすく不都合である。これに対して高分子の反応性を積極的に利用する用途も種々考えられ,この場合には通常条件で比較的高い反応性をもっていることが望まれる。そのような高分子を反応性高分子という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版「反応性高分子」の解説

反応性高分子
ハンノウセイコウブンシ
reactive polymer

化学反応性を有する高分子のこと.高分子に種々の官能基を導入して,積極的に化学反応を行わせる目的でつくられたものである.反応性高分子の合成法は,大別して,
(1)反応性モノマーの重合,
(2)既製高分子に対する官能基の賦与
の二通りが考えられる.次にそれぞれの例を示す.

反応性高分子は,それが行う化学反応の種類や,その化学構造によっていろいろに分類されるが,現在の段階では,むしろ用途によって大別されている.イオン交換樹脂,酸化還元樹脂,反応性繊維,感光性樹脂,光学活性樹脂,高分子半導体,高分子活性剤,高分子凝集剤高分子触媒などがその例である.一般に,高分子は相当する低分子モデル物質と類似の化学反応を行うが,反応率,反応速度などの点において,低分子にみられないいくつかの特異性を発揮する.その理由として,隣接基効果,立体障害などが考えられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android