コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取らせる トラセル

デジタル大辞泉の解説

とら・せる【取らせる】

[動サ下一][文]とら・す[サ下二]
目上の者が目下の者に物を与える。「ほうびを―・せる」
(動詞の連用形+接続助詞「て」の形に付いて、補助動詞のように用いる)…してやる。
「夫れ相応に世話しても―・すべし」〈一葉・やみ夜〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とらせる【取らせる】

( 動下一 ) [文] サ下二 とら・す
〔動詞「とる」に使役の助動詞「す」の付いたものから〕
受け取らせる。目下の者に物を与える場合に用いることが多い。 「ほうびを-・せる」 「名を付れば太刀刀を-・するといへども/狂言・財宝」
(補助動詞) 動詞の連用形に「て」の付いた形に付いて、「…してやる」の意を表す。上位の者が下位の者に対して行う自分の動作についていう語。 「望みどおりにして-・せよう」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

取らせるの関連キーワードデビアス・コンソリデーテッド・マインズゴールデン・パラシュートグリーンメーラードルゴルーキー家家電の内蔵ソフトsuzumoku太陽光の補助制度建物買取請求権グリーンメールフライヤ精紡機ヨット・レースマークシート南海泡沫事件ラプンツェル汗取り・汗袗捨て石・捨石継ぎ歩・継歩湑む・釃むモノタイプ味わわせる

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取らせるの関連情報