コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉れる クレル

2件 の用語解説(呉れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

く・れる【呉れる】

[動ラ下一][文]く・る[ラ下二]
人が自分に、または自分の側の者にものを与える。「いつも姉が小遣いを―・れる」「友達が妹に花を―・れた」
自分が相手にものを与える。また、相手に対してある行為をしたり、加えたりする。相手を与え手より低い者として卑しめる気持ちを込めた言い方で、「くれてやる」の形になることも多い。「鳥にえさを―・れる」「盆栽に水を―・れる」「平手打ちを―・れてやる」
(補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付く。
㋐人が自分に、または自分の側の者に対して何かをすることを表す。「手伝って―・れる」「秘密にしておいて―・れ」「母がセーターを編んで―・れる」
㋑こちらが、相手に不利益になるようなことを与えることを表す。「痛い目にあわせて―・れるぞ」
[補説](1) 対等の間柄か、または目下の関係にある人に対して用いる。目上の人に対したり、尊敬の意を表す場合は「くださる」を用いる。(2) 下一段活用であるが、命令形は「くれ」を用いるのが一般的。(3) 3㋐は、その行為が好意的、恩恵的になされる場合が多いが、「とんでもないことをしてくれたなあ」のように、その行為を受ける側が被害をこうむったり、不利益になるときにも用いることがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くれる【呉れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 く・る
〔命令形は「くれ」が普通〕
他者が話し手または話し手側の人に物を与えることを受け手の側から言う。 「君が-・れた万年筆」 「また連絡を-・れ」
話し手または話題の人物が他者に物を与える。受け手をややいやしめた言い方。くれてやる。 「五銭の白銅を出して、剰銭つりは-・れて来た/多情多恨 紅葉」 「北の部屋にこめて物な-・れそ/落窪 1
(補助動詞) 動詞の連用形に助詞「て(で)」が付いた形に付いて、その動作者が話し手または話題の人物のために何らかの動作をすることを表す。
他者が話し手または話題の人物に、その利益となることをする意を表す。 「おおい、助けて-・れ」 「部長が僕らを食事に呼んで-・れた」 「これを見て-・れ、大したもんだろう」 「ちょっと来て-・れないか」 「傘を貸して-・れませんか」
他者が話し手または話題の人物の不利益となることをする意を表す。 「とんでもないことをして-・れたもんだ」 「恨んで-・れるなよ」
話し手が他人に対して、その者の不利益となることをする意を表す。…てやる。 「にっくき親のかたき、どうして-・れようか」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉れるの関連キーワード抉れる縊れる削れる群れる揺れる縒れるたく・れる腫れる霙れる

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone