コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施す セス

デジタル大辞泉の解説

せ・す【施す】

[動サ変]ほどこす。施行(せぎょう)する。
「檀特山に入るとも、兼雅らけだものに―・すべき身かは」〈宇津保・俊蔭〉

ほどこ・す【施す】

[動サ五(四)]
恵まれない人に物質的な援助を与える。あわれみの気持ちで、人が困っている状態を助けるような行為をする。恵み与える。「難民に食糧を―・す」「医療を―・す」「恩恵を―・す」
飾りや補いのために何かを付け加える。「細工を―・す」「花木に油かすを―・す」「撥水加工を―・したスーツ」
効果・影響を期待して、事を行う。「策を―・す」
事態を改善するようなことを行う。「―・すすべもない」
(「面目をほどこす」の形で)あることを立派になしとげて高い評価を保つ。「仕事を成功させて面目を―・す」
広く行きわたらせる。
「いよいよ頼朝、権を―・して」〈増鏡・新島守〉
種などを蒔(ま)く。
「八十木種(やそこだね)に、皆能く―・し生(う)うとのたまふ」〈神代紀・上〉
[可能]ほどこせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せす【施す】

( 動サ変 )
物をほどこし与える。施行する。 「かひなき身をば熊・狼にも-・し侍りなむ/源氏 若菜上

ほどこす【施す】

( 動五[四] )
金銭・物品や恩恵などを恵み与える。 「貧者にパンを-・す」 「恩恵を-・す」 「人に情けを-・す」
田畑に肥料や種をまく。 「下肥を-・す」 「八十木種に皆能く-・し生う/日本書紀 神代上訓
装飾や加工を加える。 「迷彩を-・した戦車」 「防水加工を-・した布」 「蒔絵まきえを-・す」
ある事態に対し、何らかの手段をとる。行う。 「もはや-・すすべもない」 「手の-・しようがない」
広くゆきわたらせる。 「世界に名を-・して/宇津保 あて宮」 「いよいよ頼朝、権を-・して/増鏡 新島守
[可能] ほどこせる
[慣用] 面目を-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

施すの関連キーワードnail colour徳をもって怨みに報いる仕上げ彫り・仕上彫り応急手当て・応急手当徳を以て怨みに報ゆサイコセラピストエステティシャンネイルショップ待ち肥・待肥掛け肥・掛肥イルミネート農業高等学校医は仁術なり鼻を高くする射影幾何学手を加える壺肥・壷肥金貝細工死に化粧予備教育

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

施すの関連情報