コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀人形 こがにんぎょう

2件 の用語解説(古賀人形の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

古賀人形【こがにんぎょう】

長崎県長崎市内の旧古賀村産の人形。粘土製。文禄のころから作られ始め,製作者は代々小川姓。野趣に富んだ素朴さが特色で,唐人人形,オランダ人形などもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古賀人形
こがにんぎょう

長崎市古賀町産の郷土玩具(がんぐ)。約400年の伝統をもつといわれる。江戸時代唯一の開港地にふさわしく、異国情緒と豊かな色彩感に特徴を示す作品が多い。日本の代表的な土人形の一つに数えられ、京都の伏見(ふしみ)人形、仙台の堤(つつみ)人形と並び、これに福岡の博多(はかた)人形を加えて四大土人形ともいう。1592年(文禄1)大村藩士小川小三郎が、京都の伏見人形の流れをくんだ土人形類をつくりだしたという。種類には唐人、おらんだ人など特異なものもある。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古賀人形の関連キーワード浦上長崎県長崎市長崎半島長崎県立大学長崎大学小川セイ古賀十二郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone