可部(読み)かべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可部
かべ

広島市北部,安佐北区の一地区。旧町名。雲芸街道に沿う旧宿場町,芸北山地を控えた谷口集落で,市場町の役割も果した。 1965年頃から急速に住宅地化が進み,72年広島市に編入。 80年区制施行に伴い,安佐北区の区役所の所在地となる。たたら製鉄の伝統を継ぐ鋳物,清酒などのほか,食料品,金属,機械などの工場が立地。太田川河畔の柳瀬峡谷,揚水式ダム発電の行われる南原峡 (なばらきょう) ,福王寺などがある。南原峡周辺は南原峡県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

可部【かべ】

広島県広島市安佐北区の一地区。安佐郡の旧町。太田川左岸の中心市街地可部は水運と,出雲石見(いわみ)への街道が分岐する交通の要衝として発達,可部線終点で,広島市街から県内陸部への入口に当たる。古くから鋳物・酒造工業が盛んで,住宅地化と企業の進出も著しい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕可部(かべ)


広島県広島市安佐北区の中心地区。
かつての安佐郡可部町の町域に相当。安佐北区役所がある。古くは太田川中流の谷口に位置する水陸交通の要地近世には河港・市場町であり、広島城下から出雲(いずも)・石見(いわみ)へ通じる街道の分岐点としても発展。広島文教女子大学がある。

〔広島県〕可部(かべ)


広島市安佐北(あさきた)区の中心地区。安佐北区役所がある行政の一中心で、近年は住宅地化が急速に進む。旧可部町は1972年(昭和47)、広島市に編入。太田(おおた)川中流の谷口に位置する水陸交通の要地。近世には河港・市場町であり、広島城下から出雲(いずも)・石見(いわみ)へ通じる街道の分岐点としても発展。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

可部
かべ

広島市の北郊、安佐北(あさきた)区の中心地区。旧可部町で、かつては安佐郡の中心であった。今日でも区役所などの官公署が立地する。JR可部線、国道54号、191号が通じる。太田川の谷口集落で、根之谷(ねのたに)川、三篠(みささ)川の合流点に近い。近世には広島城下と出雲(いずも)、石見(いわみ)を結ぶ街道の分岐点にあたり、宿場町、市場町、さらに太田川水運の河港として栄えた。付近には中世の三入庄(みりのしょう)の地頭熊谷(くまがい)氏の拠(よ)った高松城跡(県史跡)や、真言宗の古刹(こさつ)福王寺がある。また、広島文教女子大学がある。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

可部の関連情報