台北帝国大学(読み)タイホクテイコクダイガク

世界大百科事典 第2版の解説

たいほくていこくだいがく【台北帝国大学】

植民地時代の台湾に1928年に設置された帝国大学。その創設と拡充は,日本帝国主義の植民地・戦争政策と不可分に結びついていた。初め文政学部と理農学部からなり,35年医学部,41年工学部(実施は1943年)を増設。1939年以後,熱帯医学南方人文,南方資源科学の諸研究所があいついで付置され,南方植民地の経営と資源開発のための研究機関の性格をいっそう強めた。1922年の新台湾教育令の同化政策にもとづき内台人共学制を実施したが,実際には日本人学生が大部分を占めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいほくていこくだいがく【台北帝国大学】

植民地時代の台湾に設置された、旧帝国大学の一。1928年(昭和3)開設、45年日本の敗戦により閉鎖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

台北帝国大学
たいほくていこくだいがく

日本統治下の台湾に、帝国大学令によって1928年(昭和3)3月に設けられた官立総合大学。1945年11月15日に中華民国に接収され、国立台湾大学となった。他の帝大と同等と位置づけられていたが、文部大臣の本来担うべき職務は、博士学位の認可を除いて台湾総督が行った。創立当初は文政学部、理農学部(最初13講座)および附属農林専門部と小規模だったが、接収時までに文政、理、農、医、工の5学部(計114講座)、熱帯医学研究所、南方人文研究所、南方資源科学研究所の3附属研究所、予科、附属医学専門部を擁する規模に拡大された。地域性を生かした研究に土俗学、人種学、南洋史学、熱帯圏農業、熱帯医学などがあった。医学部薬理学の杜聡明は唯一の台湾人教授として知られる。医学部以外は高等学校出身の学生は少数だった。医学部では入学生の過半数が台湾人の年もあり、1943年には助手も台湾人が4割を超えていた。接収後しばらくは台北帝大教授ほか多くの日本人が国立台湾大学の教員に任用され、台湾大学への移行を支えた。現国立台湾大学は台北帝大の歴史を継承している。[所澤 潤]
『『Academia―台北帝国大学研究通訊』1・2号(1996年4月・1997年5月・台湾大学台湾研究社) ▽台北帝国大学編・刊『台北帝国大学一覧』(昭和3~18年度まで各年度版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たいほく‐ていこくだいがく【台北帝国大学】

日本の植民地時代、台湾に設置されていた旧帝国大学。昭和三年(一九二八)に開設され、当初は文政学部と理農学部があったが、昭和一〇年に医学部、一六年に予科と工学部などが増設された。二〇年日本の敗戦により廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台北帝国大学の関連情報