コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤正次 あんどうまさつぐ

6件 の用語解説(安藤正次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安藤正次
あんどうまさつぐ

[生]1878.9.13. 埼玉
[没]1952.11.8. 東京
国語学者,言語学者。 1898年神宮皇學館卒業。 1904年東京帝国大学言語学科選科修了。同年神宮皇學館教授。アメリカイギリスドイツフランスに留学後,1928年台北帝国大学教授。 1941年同大学総長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あんどう‐まさつぐ【安藤正次】

[1878~1952]国語学者。東京の生まれ。東洋大学学長。古代国語の研究、国語国字問題に関する多くの著作がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤正次 あんどう-まさつぐ

1878-1952 明治-昭和時代の国語学者。
明治11年9月13日生まれ。東京帝大言語学科修了後,母校神宮皇学館や早大,台北帝大などの教授を歴任。戦後は東洋大学長をつとめ,国語審議会会長として国語改革にあたった。昭和27年11月18日死去。74歳。埼玉県出身。著作に「古代国語の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あんどうまさつぐ【安藤正次】

1878‐1952(明治11‐昭和27)
国語学者。埼玉県の生れ。1898年神宮皇学館卒業,1904年東京帝国大学言語学科修了。神宮皇学館,早稲田大学,台北帝国大学,東洋大学の教授を歴任,また国語審議会の委員長,会長であった。古代国語とくにその語構成の法則性についての研究(《古代国語の研究》《古典と古語》など)と文化史的観点からする国語史の叙述(《国語史通考》《国語史序説》など)と,とくに終戦後の国語国字問題解決策樹立への献身とは,三つの特筆すべき事績である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あんどうまさつぐ【安藤正次】

1878~1952) 国語学者・言語学者。埼玉県生まれ。台北大総長・東洋大学長。古代国語に関してすぐれた業績を残した。著「国語学通考」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安藤正次
あんどうまさつぐ
(1878―1952)

国語学者。埼玉県生まれ。神宮皇学館卒業後、1904年(明治37)東京帝国大学文科大学選科言語学科修了。1926年(大正15)から米英独仏に留学し、帰国後、台北帝国大学教授、同総長などを歴任。1948年(昭和23)国語審議会会長となった。古代国語、ことに語詞構成の法則性を深く研究し、言語学、国語国字問題、古代文化など多方面に業績を残した。上田万年(かずとし)に私淑し、仮名づかいの改定に半生を捧(ささ)げた。[沖森卓也]
『安藤正次著作集刊行会編『安藤正次著作集』全7巻(1975・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安藤正次の関連キーワード山田孝雄語学日本語学山田忠雄埼玉県東松山市岩殿埼玉県大里郡埼玉県深谷市起会埼玉県南埼玉郡峰岸明鷲尾猛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone