コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤正次 あんどうまさつぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安藤正次
あんどうまさつぐ

[生]1878.9.13. 埼玉
[没]1952.11.8. 東京
国語学者,言語学者。 1898年神宮皇學館卒業。 1904年東京帝国大学言語学科選科修了。同年神宮皇學館教授。アメリカ,イギリス,ドイツ,フランスに留学後,1928年台北帝国大学教授。 1941年同大学総長。 1946年東洋大学教授。古代国語の語構成の研究を進めたことで知られる。国語審議会会長を務めるなど,国語国字問題にも関係するところが深かった。広い視野をもち,国語史と文化史との関連についても論究した。主著に『古代国語の研究』 (1914) ,『言語学概論』 (1927) ,『国語学通考』 (1931) ,『古典と古語』 (1939) などがあり,これらを中心にした『安藤正次著作集』 (7巻,1974~75) が出ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あんどう‐まさつぐ【安藤正次】

[1878~1952]国語学者。東京の生まれ。東洋大学学長。古代国語の研究、国語国字問題に関する多くの著作がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤正次 あんどう-まさつぐ

1878-1952 明治-昭和時代の国語学者。
明治11年9月13日生まれ。東京帝大言語学科修了後,母校神宮皇学館や早大,台北帝大などの教授を歴任。戦後は東洋大学長をつとめ,国語審議会会長として国語改革にあたった。昭和27年11月18日死去。74歳。埼玉県出身。著作に「古代国語の研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あんどうまさつぐ【安藤正次】

1878‐1952(明治11‐昭和27)
国語学者。埼玉県の生れ。1898年神宮皇学館卒業,1904年東京帝国大学言語学科修了。神宮皇学館,早稲田大学,台北帝国大学,東洋大学の教授を歴任,また国語審議会の委員長,会長であった。古代国語とくにその語構成の法則性についての研究(《古代国語の研究》《古典と古語》など)と文化史的観点からする国語史の叙述(《国語史通考》《国語史序説》など)と,とくに終戦後の国語国字問題解決策樹立への献身とは,三つの特筆すべき事績である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あんどうまさつぐ【安藤正次】

1878~1952) 国語学者・言語学者。埼玉県生まれ。台北大総長・東洋大学長。古代国語に関してすぐれた業績を残した。著「国語学通考」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安藤正次
あんどうまさつぐ
(1878―1952)

国語学者。埼玉県生まれ。神宮皇学館卒業後、1904年(明治37)東京帝国大学文科大学選科言語学科修了。1926年(大正15)から米英独仏に留学し、帰国後、台北帝国大学教授、同総長などを歴任。1948年(昭和23)国語審議会会長となった。古代国語、ことに語詞構成の法則性を深く研究し、言語学、国語国字問題、古代文化など多方面に業績を残した。上田万年(かずとし)に私淑し、仮名づかいの改定に半生を捧(ささ)げた。[沖森卓也]
『安藤正次著作集刊行会編『安藤正次著作集』全7巻(1975・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安藤正次の関連キーワード安藤 正次昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android