コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しかり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しかり

江戸時代,庶人に科せられた刑罰の一つ。奉行がこれを言い渡し,与力が差添人 (さしぞえにん) 連印請書を取って放免するもの。刑罰としては最も軽い。これよりやや重いものに急度 (きっと) 叱がある。『公事方御定書』の規定では,田畑永代売の証人に前者が,江戸 10里四方ならびに御留場,および関八州で鉄砲を隠し持っていた村方に後者が,それぞれ科せられることになっている。なお,明治政府もこれを踏襲し,刑名としてではないが,1873年の改定律例において,先例を成文化し,「所犯きわめて軽く,罪懲役 10日に及ばざる者は,ただ呵責 (しかり) して放免す」と定めている。 81年 12月 31日廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しかり【叱】

江戸時代の刑罰の一種。公的に叱責して罪をとがめるだけのごく軽い制裁。幕府は叱と急度叱(きつとしかり)の軽重2段階を設け,諸刑罰中の最も軽い刑として武士にも庶民にも適用した。庶民の場合,役所の白洲で奉行,代官などから直接申し渡され,同道の差添人ともども落着(らくちやく)請証文に押印させた。明治維新後も改定律例(1873)が呵責(かせき)の刑を規定していたが,旧刑法の施行(1882)にともない廃止された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

叱の関連キーワード叱り・叱り・呵り伊叱夫礼智干岐花の本・花の下屹度叱・屹度叱都怒我阿羅斯等河内馬飼御狩進藤久右衛門毛麻利叱智蘇那曷叱知弘田竜太郎葛城襲津彦励声・厲声せせかむ大岡春卜津田宗達里村昌休成田氏長津田宗柏仕替える里村紹巴

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android