コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右から左 ミギカラヒダリ

デジタル大辞泉の解説

右(みぎ)から左

受け取った金品を、すぐまた他の人に渡して、手元にとどめおかないこと。「給料をもらっても右から左へなくなってしまう」
[補説]ふつう、「左から」と言うことはない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みぎからひだり【右から左】

自分のところに少しもとどまらないさま。特に、受け取った金銭を、すぐ別の支払いにあてるさま。 「給料は-へ、すぐ使ってしまう」
簡単に事が成るさま。即座に。 「大金を工面くめんするのだから、-というわけにはいかない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

右から左の関連キーワード東方典礼カトリック教会スウェーデン刺しゅうスクリーン・プロセスブーストロフェドンカニシカ王舎利容器ナーガリー文字フェニキア文字ニコニコ動画ウイグル文字アラビア文字ヘブライ文字インド系文字インダス文字エジプト文字シリア文字チアノーゼカディマ胃軸転症突厥文字マーキー

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右から左の関連情報