コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

途端 トタン

デジタル大辞泉の解説

と‐たん【途端】

あることが行われた、その瞬間。そのすぐあと。多く副詞的に用い、「に」を伴うこともある。「よそ見をした途端転んだ」「飲むと途端に人が変わる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とたん【途端】

(「に」を伴って副詞的にも用いる)ちょうどその時。はずみ。ひょうし。 「立ち上がった-に倒れた」 「顔を見た-(に)笑い出した」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

途端の関連キーワードエコノミークラス症候群私がモテてどうすんだ則ち・即ち・乃ちスーザン・ボイル山本 七平大洋(海)メイラー佐藤正午糸井嘉男橋本美和ねじれ腸向き直る寝入り端弾み

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

途端の関連情報