途端(読み)トタン

デジタル大辞泉の解説

と‐たん【途端】

あることが行われた、その瞬間。そのすぐあと。多く副詞的に用い、「に」を伴うこともある。「よそ見をした途端転んだ」「飲むと途端に人が変わる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とたん【途端】

(「に」を伴って副詞的にも用いる)ちょうどその時。はずみ。ひょうし。 「立ち上がった-に倒れた」 「顔を見た-(に)笑い出した」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

途端の関連情報