直ぐ(読み)スグ

デジタル大辞泉「直ぐ」の解説

すぐ【直ぐ】

[形動][文][ナリ]
物の形などが、直線的で曲がっていないさま。
「百折れ千折れ、五間とは―に続かぬ坂道を」〈漱石虞美人草
人の性質などがまっすぐであるさま。正直。すなお。「直ぐな心の持ち主」
ありのままであるさま。
「―に知らせ奉ってはあしかりなん」〈平家・二〉
[副]
時間をおかないさま。ただちに。「連絡があれば―対応する」
「兄は―と威丈高いたけだかに母へ食ってかかりました」〈芥川・雛〉
手数がかからないさま。容易に。簡単に。「交番で聞けば道順直ぐわかります」「この問題なら直ぐ解ける」
距離的に離れていないさま。「店は直ぐ目の前にある」「直ぐ近くで火事が出る」→直ぐと直ぐに
[用法]すぐ・じき――「すぐ(じき)覚えられますよ」など、通じて用いられるが、「じき」のほうが口語的でくだけた感じがある。◇距離をおかないようすの意では、「すぐ」も「じき」も使えるが、「すぐ」の方が普通である。「すぐ(じき)近くの図書館」◇時間をおかない意の「すぐ」「じき」は過去についても未来についても使う。「すぐ(じき)発車する」「すぐ(じき)着いた」◇類似の語「ただちに」は、「全員ただちに出発せよ」など、「すぐに」と同じように用いるが、文章語的で、多く命令などに用いる。
[類語]1じきに直ちに早速じきすぐにすぐさま直接もう間もなく程なく今にそのうちやがていつかいずれ追い追い追って追っ付け早晩きた日ならずして遅かれ早かれ近日近近ちかぢか近近きんきん後日他日不日又の日近く遠からず即刻即座即時即席即製同時言下直後とっさに俄か折り返しすかさず立ちどころにたちまち途端右から左瞬く間あっという間時を移さず間髪をれずリアルタイム3手近い程近い近い間近い間近じき至近近く目前鼻先手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先身近手近卑近身辺そばかたわわき片方かたえ手もと付近近辺近傍近所最寄り足元座右左右手回り身の回り・ついそこ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android