忽ち(読み)タチマチ

デジタル大辞泉の解説

たちまち【×忽ち】

[副]《「立ち待ち」の意からか》
非常に短い時間のうちに動作が行われるさま。すぐ。即刻。「うわさが忽ち広がる」「飲めば忽ち効く薬」「忽ちのうちに売り尽くす」
思いがけなく、ある事態が発生するさま。にわかに。急に。「空が忽ち曇って雨が降り出した」
(多く「たちまちに」の形で)現に。確かに。まさに。
「閻魔王の所にゐて至るに、―に一人のやむごとなき僧まします」〈今昔・六・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たちまち【忽ち】

( 副 )
〔「立ち待ち」の意かという〕
事態や状況が短時間のうちに著しく進展するさま。またたく間。 「 -売り切れる」 「 -(に)消える水の泡」 「 -のうちに問題を解決する」 「一年なんて-だね」
突然起こるさま。にわかに。急に。 「 -起こる突撃の声」
(多く「に」を伴って)現に。ただ今。 「我が身-に不浄にあらずといへども、思へば、また不浄なり/今昔 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忽ちの関連情報