コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忽ち タチマチ

デジタル大辞泉の解説

たちまち【×忽ち】

[副]《「立ち待ち」の意からか》
非常に短い時間のうちに動作が行われるさま。すぐ。即刻。「うわさが忽ち広がる」「飲めば忽ち効く薬」「忽ちのうちに売り尽くす」
思いがけなく、ある事態が発生するさま。にわかに。急に。「空が忽ち曇って雨が降り出した」
(多く「たちまちに」の形で)現に。確かに。まさに。
「閻魔王の所にゐて至るに、―に一人のやむごとなき僧まします」〈今昔・六・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たちまち【忽ち】

( 副 )
〔「立ち待ち」の意かという〕
事態や状況が短時間のうちに著しく進展するさま。またたく間。 「 -売り切れる」 「 -(に)消える水の泡」 「 -のうちに問題を解決する」 「一年なんて-だね」
突然起こるさま。にわかに。急に。 「 -起こる突撃の声」
(多く「に」を伴って)現に。ただ今。 「我が身-に不浄にあらずといへども、思へば、また不浄なり/今昔 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忽ちの関連キーワード駆り催す・駆催す話頭を転じる脱兎・脱兔咳き上げる亢進・昂進剥啄・剝啄じくねるどぎどぎ剣の舞狂する閻魔王忍び音言葉敵搭ずるダズン水軍兀立発露伏罪異物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忽ちの関連情報