右院(読み)ういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

右院
ういん

廃藩置県に伴い,明治4 (1871) 年7月 29日に制定された太政官職制に基づき設置された明治政府行政部門の最高審議機関。各省長官次官で構成され,各省の管轄事項に関する法案を審議し,正院からの下問に答申するものとされた。実際にはほとんど活用されず,1875年,元老院大審院が設置されると廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

う‐いん〔‐ヰン〕【右院】

明治4年(1871)の官制改革で太政官内に設置された機関。各省の長官・次官で構成され、行政上の連絡機関として、実務利害を審議した。明治8年(1875)廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ういん【右院】

1871年(明治4)、太政官内におかれた諮問機関。正院に従属。各省の長官・次官で組織され、法案を起草し、各省の議事を調査・審議する。75年元老院・大審院の設置により、左院とともに廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐いん ‥ヰン【右院】

〘名〙 役所名。明治四年(一八七一)七月、左院とともに太政官に置き、各省の長官および次官が集会して、担当の法案を草したり行政実際の利害を審議したりした所。明治八年四月、元老院の設立とともに廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の右院の言及

【太政官】より

…ついで廃藩置県(1871)後の官制改革により同制度は3院8省制に改められた。すなわち天皇臨席のもとで政務をとる正院,立法府に相当する左院,各省の高官が事務を審議する右院の下に,大蔵・兵部・宮内・外務の4省と70年に新設の工部省,それに神祇・文部・司法の3省を加えて,合計8省が設置された。その後,征韓論による政府内部の抗争の影響で太政官制の部分的改革があり,参議が各省の長官を兼任するようになり,75年には左右両院に代わって元老院と大審院が開設され,正院はその2年後に廃止された。…

※「右院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android