コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦寿輝 マツウラヒサキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦寿輝 まつうら-ひさき

1954- 昭和後期-平成時代のフランス文学者,詩人,小説家。
昭和29年3月18日生まれ。専攻は表象文化論で,フランス近代詩などを研究。平成10年東大教授。詩作,文学評論,映画評論に活躍し,昭和63年詩集「冬の本」で高見順賞,平成7年「エッフェル塔試論」で吉田秀和賞,8年「折口信夫論」で三島由紀夫賞。小説も手がけ,12年「花腐(くた)し」で芥川賞をうけた。17年小説「半島」で読売文学賞。群像新人文学賞,毎日出版文化賞などの選考委員をつとめる。21年「吃水(きっすい)都市」で萩原朔太郎賞。26年「afterward」で鮎川信夫賞(詩集部門)。27年「明治の表象空間」で毎日芸術賞特別賞。東京都出身。東大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松浦寿輝
まつうらひさき
(1954― )

詩人、小説家、フランス文学者。東京都生まれ。1976年(昭和51)東京大学教養学部フランス語学科卒業。零細な問屋、町工場の密集する下町に幼年期をすごし、味噌や醤油を商う生家の裏が映画館という環境のなか、「自宅のいちばん裏の部屋の窓際に坐りこみ、塀越しに、向かいの建物からかすかに洩れてくる」映画の音声に耳を澄まして育つ。この「スクリーンの裏側の虚ろな空間そのものに棲みつい」た体験が、後に「投射としての映画」を彼に論じさせることとなる。
 大学卒業後の76年から78年および80年から81年にはフランス政府の給費留学生として渡仏し、パリ第三大学にて文学博士号を取得。帰国後、第一詩集『ウサギのダンス』(1982)を出版、また詩人朝吹(あさぶき)亮二(1952― )らと同人誌『麒麟(きりん)』を創刊し、詩集『冬の本』(1987)で高見順賞を受賞するなど、新進詩人としての地歩を固める。並行して評論集『口唇論――記号と官能のトポス』(1985)、念願の映画評論集『映画n-1』(1987)を刊行。「唇のはざまとしての口」といった空白=中間領域のイメージや映画を「隔たりの装置」と捉えるモチーフは、創作・評論を問わず松浦の作風を貫いている。
 『平面論――1880年代西欧』(1994。渋沢クローデル賞)、『エッフェル塔試論』(1995。吉田秀和賞)、『折口信夫論』(1995。三島由紀夫賞)、『知の庭園』(1998。芸術選奨文部大臣賞)と批評家としての評価も定着するなか、初の小説『もののたわむれ』(1996)を刊行。当初は文字通り「才人の戯れ」のように受けとめられるも、内田百(ひゃっけん)や吉田健一の影響を感じさせもする筆致は作を追うごとに洗練され、『花腐(はなくた)し』(2000)で第123回芥川賞を受賞、領域を横断する活躍を続けている。[市川真人]
『『ウサギのダンス』(1982・七月堂)) ▽『口唇論――記号と官能のトポス』(1985・青土社) ▽『冬の本』(1987・青土社) ▽『映画n-1』(1987・筑摩書房) ▽『平面論――1880年代西欧』(1994・岩波書店) ▽『折口信夫論』(1995・太田出版) ▽『もののたわむれ』(1996・新書館) ▽『天有月』(1996・思潮社) ▽『知の庭園』(1998・筑摩書房) ▽『花腐し』(2000・講談社) ▽「方法序説」1~3(『批評空間』第期23~25号、1999~2000・太田出版) ▽『エッフェル塔試論』(ちくま学芸文庫) ▽『松浦寿輝詩集』(現代詩文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

松浦寿輝の関連キーワードブレッソン(Robert Bresson)ベンダース吉増剛造松浦寿夫中沢新一花腐しデリダ松浦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松浦寿輝の関連情報