コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡隆徳 よしおかたかよし

6件 の用語解説(吉岡隆徳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉岡隆徳
よしおかたかよし

[生]1909.6.20. 島根
[没]1984.5.5. 東京
陸上競技選手。 1934年東京高等師範学校体育科卒業。東京女子体育大学教授。少年時代から短距離走者としての素質を発揮し,東京高師入学後は国際的に活躍。 1932年ロサンゼルスオリンピック競技大会に参加し,100mで6位に入賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしおか‐たかのり〔よしをか‐〕【吉岡隆徳】

[1909~1984]短距離走者。島根の生まれ。昭和7年(1932)ロサンゼルスオリンピックの100メートル競走で6位に入賞、日本初の短距離種目入賞で、暁の超特急とよばれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉岡隆徳【よしおかたかよし】

陸上競技選手。島根県生れ。東京師範学校卒。東京女子体育大教授。1932年のロサンゼルスオリンピック100mで日本人初の6位入賞。1935年には100mに10秒3の日本最高記録を出し,1964年まで破られなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡隆徳 よしおか-たかよし

1909-1984 昭和時代の陸上競技選手,指導者。
明治42年6月20日生まれ。スタートダッシュが抜群で「暁の超特急」と称され,昭和7年ロス五輪の100m走で日本人初の6位入賞。10年10秒3の世界タイ記録マーク。39年東京五輪では依田郁子(よだ-いくこ),飯島秀雄らを指導した。東京女子体育大教授。昭和59年5月5日死去。74歳。島根県出身。東京高師卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よしおかたかよし【吉岡隆徳】

1909‐84(明治42‐昭和59)
陸上競技選手。島根県出身。島根師範学校時代に谷三三五の指導を受けて日本を代表するスプリンターとなる。1936年東京高等師範学校研究科を卒業。在学中から国際舞台で活躍,32年のロサンゼルス・オリンピック大会では100m決勝に進出,日本選手初の6位入賞を果たした。35年に出した100m10秒3の記録は64年に飯島秀雄が破るまで日本記録であった。スタートダッシュが抜群のところから〈暁の超特急〉と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉岡隆徳
よしおかたかのり
(1909―1984)

「暁の超特急」とよばれた名ランナー。島根県簸川(ひかわ)郡西浜村大池(現、出雲(いずも)市)生まれ。神職の家の10番目の子供で、小学校卒業後、吉岡家の養子となった。島根師範から東京高等師範学校を卒業。1932年(昭和7)のオリンピック・ロサンゼルス大会で、陸上100メートルで6位に入賞した。160センチメートルそこそこの日本人が、大男たちを相手に60メートルまでトップを奪った。日の丸の鉢巻をしての力走で、優勝したエディー・トーラン(アメリカ)が「深夜の超特急」と称されたのに対し、「暁の超特急」とよばれた。スタートセンスが抜群だったことにもよる。引退後のまな弟子には飯島秀雄、依田郁子(よだいくこ)らがいるが、1935年にマークした10秒3の日本記録(世界タイ記録)は29年後に飯島によって破られた。1978年(昭和53)紫綬(しじゅ)褒章受章。[石井恒男]
『『わが人生一直線』(1979・日本経済新聞社) ▽辺見じゅん著『暁の超特急――吉岡隆徳ものがたり』(2001・松江今井書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉岡隆徳の関連キーワード錦織竹香織田幹雄高等師範学校島根大学世界陸上第28回国際・全日本マスターズ陸上競技選手権山口大会島根県出雲市園町堀端宏行高田静雄帖佐寛章

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉岡隆徳の関連情報