名数小辞典(読み)めいすうしょうじてん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名数小辞典
めいすうしょうじてん

この小辞典は、古くからの名数のうち、比較的よく使われるものを選び、解説を付したものである。配列は、「数」の順とし、同じ数のなかでは五十音順とした。解説の最後の→印は、本事典において、本項目として取り上げた用語である。[監修=林 巨樹]
一宮(いちのみや)
 古代末期に定められた神社社格の一つ。その国でもっとも由緒正しく、多くの信仰を集め、経済的基盤も優れていた神社。選定基準は諸説あり、明らかでない。→一宮
春一番(はるいちばん)
 冬から春へと季節が移るころ、南から吹き込む強風の最初のもの。→春一番
二王(におう)
〔1〕(仏教)仏を守護する密迹(みっしゃく)金剛と那羅延(ならえん)金剛の夜叉(やしゃ)神。→仁王
〔2〕(中国)晋(しん)の書家で、王羲之(ぎし)、王献之(けんし)の親子。王羲之を大王、その子献之を小王と称す。
二官(にかん)
 律令制の官司の最高機関である神祇(じんぎ)官と太政(だいじょう)官。神祇官は祭祀(さいし)関係を担当、太政官は行政上から八省を統括、政務を処理した。
二聖(にせい)
〔1〕(書道)嵯峨(さが)天皇、空海。ともに能書家として知られ、橘逸勢(たちばなのはやなり)とともに三筆に数えられている。
〔2〕(歌道)柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)、山部赤人(やまべのあかひと)。ともに万葉の歌人で「山柿(さんし)」と称される。
〔3〕中国では次の2人をいう。(ア)周の文王と武王。文王は周王朝の太祖、武王は2代。(イ)周公と孔子。周公は文王の子、武王の弟。(ウ)唐の高宗とその皇后。
両界(りょうかい)
 真言(しんごん)密教の説く二つの法門。金剛界、胎蔵界。金剛界は智慧(ちえ)門として五智、五仏を説き、胎蔵界は真理門として三法、三部をたてる。「両部」とも。
両執権(りょうしっけん)
 鎌倉幕府の執権と、その補佐役の連署の併称。連署は北条氏一門の有力者から選ばれた。「両探題」「両執事」「両後見」とも。
両朝(りょうちょう)
 皇統が二つに分かれた南朝と北朝の併称。
両統(りょうとう)
 持明院(じみょういん)統と大覚寺(だいかくじ)統。鎌倉・南北朝時代の、後深草(ごふかくさ)天皇系と亀山(かめやま)天皇系の二つの皇統のこと。後深草上皇が持明院を、亀山系は後宇多(ごうだ)上皇が大覚寺をそれぞれ御所としたのでこの名がある。→両統迭立
三悪道(さんあ(な)くどう)
 悪行を行った衆生が至る三つの道。餓鬼道、畜生道、地獄道。「三悪」「三悪趣」とも。
三会(さんえ)
〔1〕衆生済度のため、仏が行う3回の説法会のこと。未来仏の弥勒菩薩(みろくぼさつ)は仏滅後56億7000万年後の世に現れ、三度の説法会で衆生を済度するとされる。
〔2〕三つの大きな法会。「三大会」とも。(ア)南京(なんきょう)三会。御斎会(宮中大極殿(だいごくでん))、維摩(ゆいま)会(興福寺)、最勝会(薬師寺)。「南都三会」とも。(イ)北京(ほっきょう)三会。最勝会(円宗寺)、法華(ほっけ)会(円宗寺)、大乗会(法勝(ほっしょう)寺)。「天台三会」とも。
〔3〕禅寺で、鐘や鼓を36打することを一会といい、三会は108打することをいう。
三猿(さんえん)
 それぞれ目、耳、口の一つをふさいだ3匹の猿。見ざる、聞かざる、言わざる。→三匹猿
三槐(さんかい)
 太政(だいじょう)大臣、左大臣、右大臣。のちに左大臣、右大臣、内大臣。中国、周の時代、三官が朝庭に植えた3本の槐(エンジュ)に向かって座したことから生じた。「三公」「三台」とも。
三界(さんがい)
〔1〕仏教の世界観で欲界(よくかい)、色界(しきかい)、無色界(むしきかい)をいう。いっさいの衆生が生死流転する3種の世界のこと。→三界
〔2〕過去、現在、未来。仏教でいう三世(さんぜ)のこと。
三関(さんかん)
 三つの関所。
〔1〕伊勢(いせ)の鈴鹿関(すずかのせき)、美濃(みの)の不破関(ふわのせき)、越前(えちぜん)の愛発関(あらちのせき)(のちに近江(おうみ)の逢坂関(おうさかのせき))。古代、奈良・京都防備のために置かれた。→三関
〔2〕近江の勢多(せた)関、伊勢の鈴鹿関、美濃の不破関。
〔3〕磐城(いわき)の勿来関(なこそのせき)、岩代(いわしろ)の白河関(しらかわのせき)、羽前の念珠関(ねずがせき)。「奥羽三関」とも。
三韓(さんかん)
〔1〕馬韓(ばかん)、辰韓(しんかん)、弁韓(べんかん)。古代朝鮮半島の南半部に割拠した三韓民族の総称。→三韓
〔2〕新羅(しらぎ)、百済(くだら)、高句麗(こうくり)。朝鮮の総称として用いられることも。
三寒四温(さんかんしおん)
 冬期に寒い日が3日ぐらい続くと、そのあと比較的温暖な日が4日ぐらい続き、寒暖が繰り返される現象。→三寒四温
三管領(さんかんれい)
 室町幕府の重職、管領に任じられる3家。斯波(しば)、細川、畠山(はたけやま)。「三職(さんしょく)」とも。
三奇橋(さんききょう)
 構造が変わっていることで知られる三つの橋。錦帯橋(きんたいきょう)(山口県岩国市)、愛本(あいもと)橋(富山県黒部市)、猿橋(さるはし)(山梨県大月市)。
三奇人(さんきじん)
 林子平(しへい)、高山彦九郎、蒲生君平(がもうくんぺい)。林子平は『海国兵談』で名高い経世家。高山彦九郎は勤皇家。蒲生君平は『山陵志(さんりょうし)』を著した儒者。いずれも江戸後期に活躍。→寛政の三奇人
三急流(さんきゅうりゅう)
 急流で知られる三つの河川。最上(もがみ)川、富士川、球磨(くま)川。日本三急流とも。
三卿(さんきょう)
 徳川氏の一族の三家。田安(たやす)、一橋(ひとつばし)、清水(しみず)。諸省の卿に任じられるのでこうよぶ。いずれも将軍の庶子を祖とし、御三家(ごさんけ)の次席に位置する家格。→御三卿
三鏡(さんきょう)
 『大鏡』『水鏡』『増鏡(ますかがみ)』。いずれも仮名文字の歴史書。「さんかがみ」とも。
三業(さんぎょう)
〔1〕料理屋、待合、芸者置屋。
〔2〕浄瑠璃(じょうるり)語り(太夫(たゆう))、三味線弾き、人形遣い。人形浄瑠璃における三者をいう。
三曲(さんきょく)
〔1〕邦楽で、箏(こと)、三味線、胡弓(こきゅう)または尺八の3種の楽器による合奏。
〔2〕雅楽で、『流泉』『啄木』『楊真操』の琵琶(びわ)による三つの秘曲。
〔3〕平曲で、『剣の巻』『宗論(しゅうろん)』『鏡の沙汰』の3曲。
〔4〕能の闌曲(らんきょく)で、初瀬六代(はつせろくだい)、東国下(とうごくくだり)、西国下(さいごくくだり)
〔5〕箏の組歌で、『四季の曲』『扇の曲』『雲井の曲』。
〔6〕万才で、胡弓、三弦、鼓の合奏をいう。
三軍(さんぐん)
〔1〕古代中国で、上軍、中軍、下軍の総称。転じて大軍または全軍の意。
〔2〕陸軍、海軍、空軍の総称。
三家(さんけ)
〔1〕公家(くげ)の三家。閑院、久我(こが)、花山院(かざんいん)。または閑院、花山院、中院(ちゅういん)。いずれも太政(だいじょう)大臣まで昇進しうる家柄。「清華(せいが)三家」「英雄三家」とも。
〔2〕武家の礼式三家。伊勢(いせ)、今川、小笠原(おがさわら)
〔3〕上杉氏三家。山内(やまのうち)、犬懸(いぬかけ)、扇谷(おうぎがやつ)
〔4〕赤松氏三家。小寺、別所、宇野。
〔5〕毛利(もうり)氏三家。宍戸(ししど)、小早川(こばやかわ)、吉川(きっかわ)
〔6〕徳川氏三家。尾張(おわり)、紀伊、水戸。「御三家」とも。→御三家
〔7〕狩野(かのう)派三家。中橋または宗家、木挽町(こびきちょう)、鍛冶橋(かじばし)
〔8〕浄土宗法然(ほうねん)門下の三家。鎮西流、西山流、浄土宗。
三景(さんけい)
 三つの景勝地。
〔1〕陸前の松島、安芸(あき)の厳島(いつくしま)、丹後(たんご)の天橋立(あまのはしだて)。→日本三景
〔2〕紀伊の和歌浦(わかのうら)、陸前の塩竃(しおがま)、丹後の切戸(きれと)の文殊。
三傑(さんけつ)
 3人の優れた人物。
〔1〕漢の高祖の臣。蕭何(しょうか)、張良、韓信(かんしん)
〔2〕蜀(しょく)の昭烈帝の臣。諸葛亮(しょかつりょう)(孔明)、関羽、張飛。
〔3〕護良(もりよし)親王の三傑。赤松則祐(そくゆう)、平賀三郎、村上義光(よしてる)
〔4〕徳川家康の三傑。本多忠勝(ほんだただかつ)、榊原康政(さかきばらやすまさ)、井伊直政(なおまさ)
〔5〕博多(はかた)の三傑。島井宗室、神谷宗湛(そうたん)、大賀九郎左衛門。近世初期、博多に本拠をもった大商人。
〔6〕山崎闇斎(あんさい)門下の三傑。佐藤直方(なおかた)、浅見絅斎(けいさい)、三宅尚斎(みやけしょうさい)。いずれも江戸中期の儒者。「崎門(きもん)三傑」とも。→崎門学派
三権(さんけん)
 立法権、行政権、司法権。→権力分立
三弦(さんげん)
〔1〕中国の弦楽器の一つ。三弦子ともいう。→三弦
〔2〕三味線の別称。
〔3〕和琴(わごん)、琵琶(びわ)、箏(そう)。雅楽に用いる3種の弦楽器。
三原色(さんげんしょく)
 あらゆる色のもととなる三つの色。絵の具では赤、青、黄。光線では赤、青、緑。→三原色
三公(さんこう)
 天子を助けて、天下を治める三つの高職。太政(だいじょう)大臣、左大臣、右大臣。のちに左大臣、右大臣、内大臣。「三槐(さんかい)」とも。
三国(さんごく)
〔1〕日本、唐土(中国)、天竺(てんじく)(インド)。「三国一の花嫁」などと用いられる中世までの日本の世界観。
〔2〕朝鮮、琉球(りゅうきゅう)、蝦夷(えぞ)。林子平(しへい)の『三国通覧』にみられる中世ごろまでの日本にもっとも近い地域。
〔3〕蜀(しょく)、魏(ぎ)、呉(ご)。『三国志』で有名な後漢(ごかん)末の中国における三国。
〔4〕古代朝鮮の新羅、百済、高句麗(こうくり)
〔5〕日本国内では、(ア)加賀、越前(えちぜん)(または越中(えっちゅう))、能登(のと)。(イ)伊賀、伊勢(いせ)、志摩。(ウ)薩摩(さつま)、大隅(おおすみ)、日向(ひゅうが)
三山(さんざん)
〔1〕熊野三山。熊野本宮(ほんぐう)大社、熊野速玉(はやたま)大社、熊野那智(なち)大社。「熊野三社」とも。→熊野三山
〔2〕出羽(でわ)三山。月山(がっさん)、湯殿山(ゆどのさん)、羽黒山。→出羽三山
〔3〕大和(やまと)三山。畝傍(うねび)山、香具(かぐ)山、耳成(みみなし)山。→大和三山
〔4〕湖東三山。金剛輪寺(松尾寺)、百済(ひゃくさい)寺、西明寺。琵琶(びわ)湖東岸の天台宗の三つの古寺。
〔5〕山北(さんほく)、中山(ちゅうざん)、山南(さんなん)。沖縄本島統一以前にあった三つの小国。→三山
三社(さんしゃ)
〔1〕伊勢(いせ)神宮、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)、賀茂神社。朝廷から奉幣があるなど、とくに崇敬が厚かった。
〔2〕東京の浅草神社。祭神の土師真中知(はじのまなかち)、檜前浜成(ひのくまのはまなり)、檜前竹成(たけなり)の3人を三社(さんじゃ)といったことによる。
三舟(さんしゅう)
 勝海舟、高橋泥舟、山岡鉄舟。いずれも幕臣で、幕末に活躍した。
三種の神器(さんしゅのじんぎ)
 八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)(天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ))、八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)。古くより皇位の印として歴代天皇が受け継いだ。→三種の神器
三津(さんしん)
 三つの港のこと。「三箇津(さんがのつ)」とも。
〔1〕薩摩(さつま)の坊津(ぼうのつ)、筑前(ちくぜん)の博多津(はかたのつ)、伊勢(いせ)の安濃津(あのつ)。近世初期までの要港。とくに中国貿易港をさすときは安濃津にかえて和泉(いずみ)の堺津(さかいのつ)に。
〔2〕摂津三津。敷津、高津、難波(なにわ)津。
〔3〕江戸時代では、江戸、京、大坂のこと。
三途(さんず)
〔1〕「三悪道」に同じ。すなわち火途(地獄道)、血途(畜生道)、刀途(餓鬼道)。
〔2〕冥土(めいど)の途中のこと。
三助(さんすけ)
 寛政(かんせい)期の昌平黌(しょうへいこう)の3人の儒者。柴野彦輔(しばのひこすけ)(栗山(りつざん))、尾藤良佐(びとうりょうすけ)(二洲(じしゅう))、古賀弥助(こがやすけ)(精里(せいり))。名に「すけ」がつくことからこの呼称がある。寛政の三助とも。→寛政の三博士
三世(さんぜ)
〔1〕仏教で過去、現在、未来、あるいは前世、現世、来世をいう。→三世
〔2〕神代では瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)、鵜葺草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の、神武(じんむ)天皇以前の三世をいう。
三聖(さんせい)
〔1〕3人の聖人。(ア)釈迦(しゃか)、孔子、キリスト。(イ)釈迦、孔子、老子。(ウ)中国では一般に孔子、老子、顔回(がんかい)。(エ)ギリシアではソクラテス、プラトン、アリストテレス。
〔2〕その道に秀でた3人。(ア)歌道。柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)、山部赤人(あかひと)、衣通姫(そとおりひめ)。(イ)書道。空海、菅原道真(すがわらのみちざね)、小野道風(とうふう)。(ウ)俳諧(はいかい)。山崎宗鑑、飯尾宗祇(そうぎ)、荒木田守武(もりたけ)
〔3〕画題では寒山(かんざん)、拾得(じっとく)、豊干(ぶかん)
三蹟(さんせき)
 書道の3人の能筆家。
〔1〕小野道風(とうふう)、藤原佐理(すけまさ)、藤原行成(ゆきなり)。→三蹟
〔2〕兼明(かねあきら)親王、藤原佐理、藤原行成。
〔3〕後西(ごさい)天皇、藤原信守、徳川光友。
三夕の和歌(さんせきのわか)
 秋の夕暮れを詠んだ『新古今和歌集』中の3首の歌。寂蓮(じゃくれん)法師の「さびしさはその色としもなかりけり槙(まき)立つ山の秋の夕暮れ」、西行(さいぎょう)法師の「心なき身にもあはれは知られけり鴫(しぎ)立つ沢の秋の夕暮れ」、藤原定家の「見わたせば花も紅葉(もみじ)もなかりけり浦の苫屋(とまや)の秋の夕暮れ」。
三遷(さんせん)
 孟子(もうし)の母が、孟子の教育のために家を墓所の近くから市場のそばへ、さらに学校のそばへとかえた故事。「孟母三遷の教え」とも。
三千家(さんせんけ)
 茶道の家元の3家。表千家、裏千家、武者小路(むしゃのこうじ)千家。
三蔵(さんぞう)
〔1〕上代に、神物や官物を納めるために宮中に設けられていた三つの倉庫。斎蔵(いみくら)、内蔵、大蔵。
〔2〕大蔵(だいぞう)経における3種。経蔵、律蔵、論蔵。→三蔵
〔3〕名に蔵のつく、3人の著名な人物。(ア)天下の三蔵。平山行蔵(ぎょうぞう)、清水俊蔵、近藤重蔵(じゅうぞう)。(イ)化政(かせい)の三蔵。平山行蔵、近藤重蔵、間宮林蔵(りんぞう)。化政期に北方探検や北方経営論などを展開した。(ウ)緒方門下の三蔵。緒方郁蔵(いくぞう)、有馬摂蔵、伊藤慎蔵。
三宗匠(さんそうしょう)
 茶道の3人の宗匠。
〔1〕千利休(せんのりきゅう)、古田織部、小堀遠州。
〔2〕今井宗久、津田宗及、千利休。
三尊(さんぞん)
〔1〕仏、法、僧の三宝。
〔2〕三尊仏のこと。(ア)阿弥陀(あみだ)三尊。阿弥陀如来(にょらい)、観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)、勢至(せいし)菩薩。(イ)釈迦三尊。釈迦如来、文殊(もんじゅ)菩薩、普賢(ふげん)菩薩。(ウ)薬師三尊。薬師如来、日光菩薩、月光(がっこう)菩薩。(エ)盧遮那(るしゃな)三尊。毘盧遮那(びるしゃな)仏、観自在菩薩、虚空蔵(こくうぞう)力士(東大寺の例)。盧遮那三尊は寺により脇侍(きょうじ)が種々異なる。
〔3〕君、父、師。三つの尊敬すべき者。
三大河(さんたいが)
 利根(とね)川(坂東(ばんどう)太郎)、筑後(ちくご)川(筑紫(つくし)次郎)、吉野川(四国三郎)。
三大奇祭(さんだいきさい)
 富士浅間(せんげん)神社の火祭(山梨県)、大井神社の帯祭(静岡県)、国府宮(こうのみや)の裸祭(愛知県)の三つの祭り。広隆寺の牛祭(京都府)、諏訪(すわ)大社の御柱(おんばしら)祭(長野県)を入れる場合もある。
三代格式(さんだいきゃくしき)
 弘仁(こうにん)格式、貞観(じょうがん)格式、延喜(えんぎ)格式。格式とは律令(りつりょう)制の律と令を補完、代位する法典で、それぞれ弘仁、貞観、延喜年間の編集。
三大橋(さんだいきょう)
〔1〕山城(やましろ)の宇治橋、山崎橋、近江(おうみ)の勢多(せた)橋。山崎橋廃止後は淀(よど)橋を加えた。
〔2〕江戸。両国橋、千住(せんじゅ)橋、六郷(ろくごう)橋。
〔3〕大坂。天満(てんま)橋、天神橋、難波橋。
三代集(さんだいしゅう)
 『古今和歌集』『後撰(ごせん)和歌集』『拾遺和歌集』。3代の勅撰和歌集。→勅撰和歌集
三大祭(さんだいまつり)
〔1〕日本三大祭。京都賀茂神社・下鴨(しもがも)神社の葵(あおい)祭、大阪の天満天神祭、東京日枝(ひえ)神社の山王祭。長崎諏訪(すわ)神社のおくんちを入れる場合もある。
〔2〕京都三大祭。葵祭、八坂(やさか)神社の祇園(ぎおん)祭、平安神宮の時代祭。
〔3〕江戸の三大祭。山王祭、神田明神の例大祭、深川富岡八幡(とみおかはちまん)の祭。根津権現(ごんげん)の祭を入れる場合もある。
三大門(さんだいもん)
 平安京外郭の三大門。羅生(らしょう)門、朱雀(すざく)門、応天門。羅生門は正門にあたる。
三哲(さんてつ)
 3人の優れた人物。
〔1〕契沖(けいちゅう)、賀茂真淵(かもまぶち)、本居宣長(もとおりのりなが)。江戸前期から中期の国学者。
〔2〕中国では漢代の劉向(りゅうきょう)、谷永(こくえい)、耿育(こういく)。そのほか、三国時代の劉備、孫権、曹操(そうそう)、あるいは北魏(ほくぎ)の遵業(じゅんぎょう)、袁翻(えんほん)、王誦(おうしょう)とすることも。
三都(さんと)
 三つの都、または都市。日本では江戸、京都、大坂をさす。
三道楽(さんどうらく)
 酒と女色と賭博(とばく)。「飲む、打つ、買う」とも。
三人官女(さんにんかんじょ)
 3月3日の節供に雛(ひな)壇の2段目に飾る3人1組の雛人形。→三人官女
三人吉三(さんにんきちさ)
 歌舞伎(かぶき)『三人吉三廓初買(くるわのはつがい)』の登場人物。和尚(おしょう)吉三、お嬢吉三、お坊吉三。→三人吉三廓初買
三羽烏(さんばがらす)
 ある集団や門下などのなかで、とくに優れている3人をいう。
三白(さんぱく)
〔1〕三河(みかわ)産の三白木綿の略称。
〔2〕米、紙、塩、砂糖などのうちの三つをさす。(ア)讃岐(さぬき)三白。塩、綿、砂糖。(イ)防長三白。米、紙、蝋(ろう)
三碑(さんぴ)
〔1〕陸前の多賀城碑、上野(こうずけ)の多胡碑(たごひ)、下野(しもつけ)の那須国造碑(なすのくにのみやつこのひ)。「日本三古碑」とも。
〔2〕上野の三碑。山上碑(やまのうえひ)、多胡碑、金井沢碑。
三筆(さんぴつ)
 書道史上の3人の能書家。→三筆
〔1〕平安期。嵯峨(さが)天皇、空海、橘逸勢(たちばなのはやなり)
〔2〕近世。近衛信尹(このえのぶただ)、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)、松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)。とくに「寛永(かんえい)の三筆」とも。
〔3〕世尊寺流。藤原行成(ゆきなり)、藤原行能(ゆきよし)、藤原行尹(これゆき)
〔4〕黄檗(おうばく)の三筆。隠元(いんげん)、木庵(もくあん)、即非(そくひ)
〔5〕幕末の三筆。市河米庵(べいあん)、貫名海屋(ぬきなかいおく)、巻菱湖(まきりょうこ)
三品(さんぴん)
〔1〕三つの品目、あるいは等級をいう。→三品
〔2〕大阪三品取引所(のちの中部大阪商品取引所、2011年解散)で取引されていた綿花、綿糸、綿布。→三品取引所
三部経(さんぶきょう)
 3種の経典のこと。
〔1〕浄土三部。観無量寿経、阿弥陀(あみだ)経、無量寿経。
〔2〕真言宗の大日(だいにち)三部。大日経、金剛頂経、蘇悉地(そしつじ)経。
〔3〕法華(ほっけ)三部。妙法蓮華(れんげ)経、無量義経、観普賢菩薩(ぼさつ)行法経。
〔4〕鎮護国家三部。法華経、仁王(にんのう)経、金光明(こんこうみょう)経。
〔5〕弥勒(みろく)三部。観弥勒菩薩上生兜率天(じょうしょうとそつてん)経、弥勒大成仏(じょうぶつ)経、弥勒下生(げしょう)経。→三部経
三奉行(さんぶぎょう)
〔1〕江戸幕府では寺社奉行、勘定奉行、町奉行をいう。
〔2〕軍(いくさ)三奉行。大目付、旗奉行、槍(やり)奉行。
〔3〕下(した)三奉行。作事奉行、普請(ふしん)奉行、小普請奉行。
三伏(さんぷく)
 夏の土用を三分した初伏と、中伏と、末伏の総称。転じて酷暑をさす。
三房(さんぼう)
 名に房のつく3人。
〔1〕前の三房。藤原伊房(これふさ)、藤原為房、大江匡房(おおえのまさふさ)
〔2〕後の三房。万里小路宣房(までのこうじのぶふさ)、吉田定房(さだふさ)、北畠親房(きたばたけちかふさ)
三宝(さんぼう)
 三つの宝の意。
〔1〕仏、法、僧。仏は仏陀(ぶっだ)、法は達摩(だるま)、僧は僧伽(そうぎゃ)の意で、それぞれ教えの主、教えの内容、教えを広める教団を表す。→三宝
〔2〕仏像、経巻、出家。
〔3〕東(とう)寺の三宝。宝厳院の頼宝(らいほう)、観智(かんち)院の杲宝(ごうほう)、賢宝(げんぽう)の3人の僧。
三木一草(さんぼくいっそう)
 南朝の4人の功臣。楠木正成(くすのきまさしげ)、名和長年(なわながとし)、結城親光(ゆうきちかみつ)、千種忠顕(ちぐさただあき)。名和は伯耆守(ほうきのかみ)、くすの、ゆうで三木、千種はちぐさから草で、この称が生まれた。
三位(さんみ)
 キリスト教で、父と子と聖霊。唯一なる神が、この三つのペルソナ(位格)において啓示された。→三位一体
三名君(さんめいくん)
 江戸時代奥州の3人の藩主。津軽信明(のぶあきら)(弘前藩)、松平定信(さだのぶ)(白河藩)、上杉治憲(はるのり)(米沢藩)。
三門(さんもん)
 禅寺の正面にある門。空門、無相門、無作門。迷いから逃れようとする者が通らなければならない解脱(げだつ)門を意味する。門が一つの場合でも三門と称した。→山門
三役(さんやく)
〔1〕名主、組頭、百姓代。江戸時代、代官や郡奉行(こおりぶぎょう)の下で村政にあたった村役人。
〔2〕伝馬宿入用米、六尺給米、蔵前入用金。江戸時代、幕府直轄地で賦課されたもの。
〔3〕相撲(すもう)。大関、関脇(せきわけ)、小結(こむすび)
〔4〕茶道。亭主、上客、詰(つめ)
〔5〕能楽。ワキ方、狂言方、囃子(はやし)方。シテ方に対していう。
三陸(さんりく)
 陸前、陸中、陸奥(むつ)の三つの国。現在の宮城、岩手、秋田、青森の各県にあたる。
三流(さんる)
〔1〕律令(りつりょう)制下に定められた3種の流罪。遠流(おんる)、中流、近流。
〔2〕中国唐律に定められた3種の流刑。二千里、二千五百里、三千里の三つの等級がある。
四気(しき)
 四時の気候とこれに対する四つの気分。温(喜)、熱(楽)、冷(怒)、寒(哀)。ほかに、天地間に消長する四つの気の温(生)、熱(長)、冷(収)、寒(蔵)をいうこともある。
四季(しき)
 季節の春、夏、秋、冬。→四季
四鏡(しきょう)
 仮名文字で書かれた歴史書、『大鏡』『今鏡』『水鏡』『増鏡』。
四苦(しく)
 人生における4種の苦痛。生、老、病、死。
四君子(しくんし)
 日本、中国の画題で蘭(らん)、菊、梅、竹。→四君子
四家(しけ)
 四大家の総称。
〔1〕藤原四家。南家(なんけ)(祖は武智麻呂(むちまろ))、北家(ほっけ)(祖は房前(ふささき))、式家(祖は宇合(うまかい))、京家(祖は麻呂)。→藤原四家
〔2〕藤原浜成(はまなり)、喜撰(きせん)法師、孫姫(ひこひめ)、石見(いわみ)女。日本でもっとも古い歌学書を編んだ4人。
〔3〕茶道。表千家、裏千家、武者小路(むしゃのこうじ)千家、藪内(やぶのうち)家。
四国(しこく)
 阿波、讃岐(さぬき)、伊予、土佐の四つの国。
四座一流(しざいちりゅう)
 江戸時代の能楽シテ方の五流。観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金春(こんぱる)、金剛の申楽(さるがく)四座と喜多流。幕府は金剛から分かれた喜多を座と認めなかったため一流とした。
四書(ししょ)
 儒教の中心経典である四つの典籍。『大学』『中庸』『論語』『孟子(もうし)』。→四書
四職(ししょく/ししき)
 室町時代、交代で侍所(さむらいどころ)の所司に任ぜられた山名、一色(いっしき)、京極(きょうごく)、赤松の4家。「四殿衆」「四職家」とも。
四姓(しせい)
 平安~南北朝時代に公家(くげ)・武家層を構成した源氏、平氏、藤原氏、橘(たちばな)氏の4氏。源平藤橘(げんぺいとうきつ)とも。
四則(しそく)
 算法の基本演算。加法、減法、乗法、除法。→四則
四体(したい)
 俳句の風体の4種。雅体、野体、俗体、鄙体(ひたい)
四諦(したい)
 人生における苦についての四つの真理。苦諦、集諦、滅諦、道諦。→四諦
四大家(したいか)
〔1〕和文の四大家。紀貫之(きのつらゆき)、伊勢(いせ)、清少納言(せいしょうなごん)、紫式部。
〔2〕中国では次の4人。(ア)唐代の文章家で「韓柳欧蘇」と併称される。韓愈(かんゆ)、柳宗元(りゅうそうげん)、欧陽脩(おうようしゅう)、蘇軾(そしょく)。(イ)宋(そう)代の書家。蘇軾、黄庭堅、米(べいふつ)、蔡襄(さいじょう)
四大奇書(しだいきしょ)
 中国の長編小説。『水滸伝(すいこでん)』『三国志伝通俗演義(通称、三国志)』、『西遊記(さいゆうき)』、『金瓶梅(きんぺいばい)』。当初は元代四大奇書として『水滸伝』『三国志』と『西廂記(せいそうき)』『琵琶(びわ)記』(以上二つは戯曲)だったが、のちに明(みん)代の二つの小説にかわった。三国志を除いて「三大奇書」ということもある。→四大奇書
四大師(しだいし)
〔1〕平安朝の四大師。伝教(でんぎょう)大師最澄(さいちょう)、弘法(こうぼう)大師空海、慈覚大師円仁、智証(ちしょう)大師円珍。
〔2〕天台の四大師。伝教大師最澄、慈覚大師円仁、智証大師円珍、慈慧(じえ)大師良源。
四大人(しだいじん)
 国学の四大家。荷田春満(かだあずままろ)、賀茂真淵(かもまぶち)、本居宣長(もとおりのりなが)、平田篤胤(あつたね)。江戸時代の中期~後期に活躍した。
四天王(してんのう)
〔1〕持国(じこく)天(東方)、増長(ぞうちょう)天(南方)、広目(こうもく)天(西方)、毘沙門(びしゃもん)天(多聞(たもん)天。北方)。四方を守護する神で、須弥山(しゅみせん)の中腹にある四王天の主。上は帝釈(たいしゃく)天に仕え、下は仏法に帰依(きえ)する衆生を守護するという。彫刻では本尊の周囲や須弥壇の四隅に置かれる。「四大天王」「護世四天王」とも。
〔2〕ある分野にもっとも秀でた4人。(ア)源頼光(よりみつ)の四天王。渡辺綱(わたなべのつな)、坂田公時(さかたのきんとき)、碓井貞光(うすいさだみつ)、卜部季武(うらべすえたけ)。(イ)源義経(よしつね)の四天王。鎌田藤太郎盛政(もりまさ)、鎌田藤次郎光政(みつまさ)、佐藤三郎兵衛継信(つぐのぶ)、佐藤四郎兵衛忠信(ただのぶ)。(ウ)織田信長の四天王。柴田勝家(しばたかついえ)、滝川一益(かずます)、丹羽長秀(にわながひで)、明智光秀(あけちみつひで)。(エ)徳川家康の四天王。井伊直政(なおまさ)、本多忠勝(ただかつ)、酒井忠次(ただつぐ)、榊原康政(さかきばらやすまさ)。(オ)和歌関係では(a)平安の四天王。小沢蘆庵(ろあん)、伴蒿蹊(ばんこうけい)、西山澄月、大愚慈延。(b)中世歌壇。兼好、浄弁、頓阿、慶運。(カ)狂歌。石川雅望(まさもち)、鹿津部真顔(しかつべのまがお)、銭屋金埒(きんらつ)、銭屋頼光。(キ)茶道(千宗旦(せんのそうたん)門)。藤村庸軒、杉本普斎、山田宗(そうへん)、三宅(みやけ)亡羊。(ク)日本画(狩野(かのう)探幽門)。久隅守景(くすみもりかげ)、桃田柳栄、鶴沢探山、加藤遠沢。→四天王
四道(しどう)
〔1〕仏教で涅槃(ねはん)に至る四つの道。加行、無間、解脱(げだつ)、勝進。
〔2〕崇神(すじん)天皇のとき、全国平定のために派遣された将軍の派遣地。北陸道、東海道、西海道(山陽)、丹波(たんば)道(山陰)。→四道将軍
〔3〕平安時代、大学寮に置かれた四つの学科。紀伝、明経(みょうぎょう)、明法(みょうぼう)、算道。紀伝は史学・文章、明経は経学、明法は法学、算道は算学をいう。
〔4〕連歌(れんが)で付合手法の基本型。添(そう)、従(したがう)、離(はなつ)、逆(さからう)
四等官(しとうかん)
 律令(りつりょう)制の諸官司における幹部の四つの等級の官。長官(かみ)、次官(すけ)、判官(じょう)、主典(さかん)。官司によって用字は異なるが、読みはすべて同じだった。
四拍子(しびょうし)
 長唄(ながうた)の囃子(はやし)に用いる四つの楽器。笛、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおつづみ)、太鼓(たいこ)
四菩薩(しぼさつ)
〔1〕法華経(ほけきょう)を広めるためにこの世に現れるとされる四菩薩。上行菩薩、無辺菩薩、浄行菩薩、安立菩薩。
〔2〕大日如来(だいにちにょらい)を中心に、その四方に位置する四菩薩。観音(かんのん)菩薩(西北)、弥勒(みろく)菩薩(東北)、普賢菩薩(東南)、文殊菩薩(西南)。
四民(しみん)
 江戸時代の身分制の四つの階級。士、農、工、商。転じて国民の総称。
四門(しもん)
〔1〕律令(りつりょう)体制の基本となる四つの法典。律、令、格、式。
〔2〕武芸では、弓術、砲術(鉄砲)または槍、兵法または剣、馬術。武士の基本技とされた。
〔3〕仏教では、有門(うもん)、空門、亦有亦空(やくうやっくう)門、非有非空門。真性、実相の理を悟り、そこに入るための四つ門。
〔4〕真言陀羅尼(だらに)の方位に位置する四つの門。発心門(東)、修行門(南)、菩提(ぼだい)門(西)、涅槃(ねはん)門(北)。
四礼(しれい)
 人生における四つの儀式。冠、婚、葬、祭。冠は元服、婚は結婚、葬は葬式、祭は供え物をして神に仕えることを表す。
五蘊(ごうん)
 物質と精神を五つに分類したもの。色、受、想、行、識。色は人間の肉体、受は感覚、想は想像、行は心作用、識は意識を表す。五陰(ごおん)とも。→五蘊
五戒(ごかい)
 仏教で殺生(せっしょう)、偸盗(ちゅうとう)、妄語(もうご)、邪淫(じゃいん)、飲酒(おんじゅ)の五つの戒め。→五戒
五街道(ごかいどう)
 東海道、中山道(なかせんどう)、日光街道、奥州街道、甲州街道。江戸日本橋を起点として幕府が整備した五つの街道。2、3里ごとに人馬を常備した宿場を設置、要所に関所が置かれた。→五街道
五歌仙(ごかせん)
 平安時代を代表する女流歌人。赤染衛門(あかぞめえもん)、和泉(いずみ)式部、紫式部、馬内侍(うまのないし)、伊勢大輔(いせのたいふ)。一条(いちじょう)天皇の皇后、上東門院の侍女で、「梨壺(なしつぼ)の五歌仙」とも。
五官(ごかん)
〔1〕京都、上賀茂神社における神職の五つの段階。神主、禰宜(ねぎ)、権(ごん)禰宜、祝(はふり)、権祝。
〔2〕感覚を感じとる五つの器官。目、耳、鼻、口、形体。仏教の五根から出た語で、形体は、のちに皮膚にかえられた。
〔3〕生、老、病、死、王官(天子)の総称。
五感(ごかん)
 視覚、聴覚、嗅覚(きゅうかく)、味覚、触覚の五つの感覚。
五畿内(ごきない)
 古代の日本の行政上の中心地区を形成した五つの国。大和(やまと)、摂津、河内(かわち)、和泉(いずみ)、山城(やましろ)。奈良時代までは大和、摂津、河内、山城の四畿内だったが、大化改新で河内が和泉と二分され、五畿内となった。単に「畿内」、あるいは「五畿」ともいう。→五畿七道
五経(ごきょう)
〔1〕『易経』(周易)、『書経』(尚書)、『詩経』(毛詩)、『礼記(らいき)』、『春秋』。儒教の聖典とされる5部の経書。→五経
〔2〕『素問(そもん)』『霊枢(れいすう)』『難経』『金匱要略(きんきようりゃく)』『甲乙経』。漢方医学の基本となる5部の医書。
〔3〕吉、凶、賓、軍、嘉(か)。五つの礼のこと。「五礼」とも。
五行(ごぎょう)
〔1〕古来中国で説かれてきた万物を生ずるとする五つの元素。木、火、土、金、水。→五行説
〔2〕仏教の修行の5種類。布施、持戒、忍辱(にんにく)、精進、止観。
〔3〕人として守るべき五つのこと。仁、義、礼、智(ち)、信。「五常」と同じ。
五葷(ごくん)
〔1〕仏教でいう臭気のある蔬菜(そさい)5種。大蒜(にんにく)、興(にら)、慈葱(ねぎ)、茖葱(らっきょう)、蘭葱(ひる)。僧侶(そうりょ)は食することを禁じられる。
〔2〕道家で禁じられている5種の蔬菜。韮(にら)、薤(おおにら)、蒜(にんにく)(あぶらな)、胡(こすい)(=コエンドロ)。
五刑(ごけい)
 5種類の刑罰のこと。
〔1〕大辟(たいへき)、宮、(ひ)(ぎ)、墨。『書経』などにみられる中国古代の五刑。それぞれ首切り、去勢、足切り、鼻切り、いれずみ。
〔2〕わが国の律に規定された五刑。笞(ち)、杖(じょう)、徒(ず)、流(る)、死(し)。中国の隋(ずい)・唐代の刑罰体系がモデルとされた。五罪とも。→五罪
〔3〕現代の刑罰体系における五刑は死刑、無期徒刑、有期徒刑、拘留(こうりゅう)、罰金。
五湖(ごこ)
 富士山の北の麓(ふもと)にある湖。山中湖、河口湖、西(さい)湖、精進(しょうじ)湖、本栖(もとす)湖。→富士五湖
五穀(ごこく)
 5種類の穀物。転じて穀物の総称の意にも用いられる。日本では普通、稲、麦、粟(あわ)、黍(きび)、豆をいう。黍のかわりに稗(ひえ)を入れる場合もある。→五穀
五胡十六国(ごこじゅうろっこく)
 4世紀から5世紀初めの中国北部に興亡した国家群、およびその時代。→五胡十六国
五根(ごこん)
〔1〕仏教のことばで、感覚をおこさせるもの、またはその作用。目、耳、鼻、舌、身。→五根
〔2〕信、精進、念、定、慧。仏道修行の根本、人間を悟りへと促すもの。
五山(ござん)
〔1〕渤海(ぼっかい)の東にあるという中国の伝説上の五つの山。岱輿(たいよ)、員(いんきょう)、方壺(ほうこ)(方丈)、瀛州(えいしゅう)、蓬莱(ほうらい)
〔2〕天竺(てんじく)五山。祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)、竹林精舎、大林精舎、誓多林(せいたりん)精舎、那蘭陀(ならんだ)寺。インドの釈迦(しゃか)の五つの遺跡。
〔3〕中国五山。径山興聖(きんざんこうしょう)万寿禅寺、北山景徳霊隠(りんにん)禅寺、太白(たいはく)山天童景徳寺、南山浄慈(じんず)報恩光孝禅寺、阿育王(あいくおう)山広利(こうり)禅寺。宋(そう)代に創建された最高格式の禅寺で、時の政府から特別に保護された官寺。
〔4〕京都五山。天竜寺、相国(しょうこく)寺、建仁寺、東福寺、万寿寺。
〔5〕鎌倉五山。建長寺、円覚(えんがく)寺、寿福寺、浄智(じょうち)寺、浄妙寺。
〔6〕京都尼寺五山。景愛寺、檀林(だんりん)寺、護念寺、恵林寺、通玄寺。
〔7〕鎌倉尼寺五山。太平寺(高松寺)、東慶寺、国恩寺、護法寺、禅明寺。→五山
五舎(ごしゃ)
 内裏(だいり)の五舎殿。昭陽舎(しょうようしゃ)(梨壺(なしつぼ))、淑景舎(しげいしゃ/しげいさ)(桐壺(きりつぼ))、飛香舎(ひぎょうしゃ)(藤壺(ふじつぼ))、凝華舎(ぎょうかしゃ)(梅壺)、襲芳舎(しゅうほうしゃ)(雷鳴壺(かんなりのつぼ))。→五舎
五爵(ごしゃく)
 中国で天子が諸侯・貴族に与えた5段階の爵位。公、侯、伯、子、男。日本では1884年(明治17)に制定、1947年(昭和22)に廃止された。→爵位
五常(ごじょう)
 儒教で、人として守るべき五つの道徳。
〔1〕『孟子』滕文公(とうのぶんこう)では、父子の親、君臣の義、夫婦の別、長幼の序、朋友(ほうゆう)の信。「五倫」「五典」「五教」とも。
〔2〕『書経』では父義、母慈、兄友、弟恭、子孝。家族間の道徳を説いたもので「五典」ともいう。
〔3〕『列子』楊朱篇では仁、義、礼、智(ち)、信。→五常
五節供(ごせっく)
 人日(じんじつ)、上巳(じょうし)、端午(たんご)、七夕(たなばた)、重陽(ちょうよう)の五つの節句。朝廷の儀式である五節会に対して私的な儀式として行われた。1月7日の人日を除き、奇数月の月と同じ数の日で、上巳が3月3日、端午が5月5日、七夕が7月7日、重陽が9月9日。→五節供
五摂家(ごせっけ)
 摂政(せっしょう)・関白に任ぜられるべき家柄。近衛(このえ)、九条、二条、一条、鷹司(たかつかさ)。源頼朝(よりとも)の鎌倉幕府成立以後は、この五つの家から交代で摂政が選出された。「摂(せつろく)家」「執柄(しっぺい)家」とも。→五摂家
五臓(ごぞう)
 心臓、肝臓、肺臓、脾臓(ひぞう)、腎臓(じんぞう)。漢方医学でいう五つの内臓。六腑(ろっぷ)とあわせて身体全体を表す意味にも用いる。→五臓六腑
五体(ごたい)
〔1〕漢字の5種の書体。篆書(てんしょ)、隷書(れいしょ)、楷書(かいしょ)、行書(ぎょうしょ)、草書。このほか古文、大篆、小篆、八分(はっぷん)、隷書、または小篆、八分、隷書、行書、草書とするものなど種々ある。
〔2〕筋、脈、肉、骨、毛皮。身体を構成する五つの部分、転じて全身の意味にも使われる。→五体
五大(ごだい)
 仏教でいう物質を構成する四元素の四大(地大、水大、火大、風大)に、空大を加えたもの。地大、水大、火大、風大、空大。空大の空とは虚空(こくう)、つまり空間を意味する。
五大湖(ごだいこ)
 北アメリカ、カナダとアメリカ合衆国との国境付近にある大きな淡水湖。スペリオル湖、ミシガン湖、ヒューロン湖、エリー湖、オンタリオ湖。→五大湖
五代十国(ごだいじっこく)
 中国で907年から960年までに興亡した国家群、およびその時代をいう。→五代十国
五大州(ごだいしゅう)
 アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカの五つの大陸。南北アメリカを一つにし、オーストラリア大陸を入れる場合もある。
五大尊明王(ごだいそんみょうおう)
 諸魔を降伏させるとされる密教の五明王。不動明王、降三世(ごうざんぜ)明王、軍荼利(ぐんだり)明王、大威徳明王、金剛夜叉(やしゃ)明王。中、東、南、西、北の五方に配される。「五大尊」「五大明王」とも。→五大明王
五大昔話(ごだいむかしばなし)
 桃太郎、猿蟹(さるかに)合戦、舌切り雀(すずめ)、花咲爺(はなさかじじい)、かちかち山、の五つの昔話。室町時代末から江戸初期に現在伝えられる形となった。「五大お伽話(とぎばなし)」とも。
五大老(ごたいろう)
 豊臣(とよとみ)政権の5人の大老。徳川家康、前田利家(としいえ)、毛利(もうり)輝元、宇喜多(うきた)秀家、小早川隆景(こばやかわたかかげ)(のちに上杉景勝)。五奉行(ぶぎょう)の上に置かれ、有力大名5人が任についた。→五大老
五人男(ごにんおとこ)
 歌舞伎(かぶき)『青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)』の登場人物。日本駄右衛門(にっぽんだえもん)、忠信利平(ただのぶりへい)、南郷力丸(なんごうりきまる)、赤星重三郎(あかぼしじゅうざぶろう)、弁天小僧菊之助。「白浪(しらなみ)五人男」とも。→青砥稿花紅彩画
五人囃子(ごにんばやし)
〔1〕3月の節句に飾る雛(ひな)人形のうちの5童子。謡手、笛、小鼓(こつづみ)、大鼓(おおつづみ)、太鼓(たいこ)。→五人囃子
〔2〕琴、笛、三味線、太鼓、鼓。この五つの楽器による合奏をいう。
五派(ごは)
〔1〕禅宗の五派。臨済(りんざい)宗、雲門宗、曹洞(そうとう)宗、(いぎょう)宗、黄檗(おうばく)宗。
〔2〕真宗の五派。本願寺派、大谷(おおたに)派、仏光寺派、高田派、木辺(きべ)派。
五奉行(ごぶぎょう)
 豊臣(とよとみ)政権の5人の奉行。前田玄以(げんい)、長束正家(なつかまさいえ)、浅野長政(ながまさ)、石田三成(みつなり)、増田長盛(ましたながもり)。秀吉・秀頼(ひでより)の2代にわたって政治の中枢に参画、行政を担当した。→五奉行
五部書(ごぶしょ)
 伊勢神道(いせしんとう)の根本教典とされる5書。『天照坐(あまてらします)伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記』『伊勢二所皇太神宮御鎮座伝記』『豊受皇太神宮御鎮座本紀』『造伊勢二所太神宮宝基本紀』『倭姫命(やまとひめのみこと)世紀』。「神道五部書」とも。→神道五部書
五不動(ごふどう)
 五色に彩色された江戸の不動明王像5体。目青(めあお)不動(世田谷(せたがや)区・教覚院)、目黄(めき)不動(江戸川区・最勝寺)、目赤(めあか)不動(豊島(としま)区・南谷寺)、目白不動(豊島区・新長谷寺)、目黒不動(目黒区・滝泉寺)。病気平癒、災難除(よ)け、開運祈願に効験があるとされ、とくに正月28日の初不動は大いににぎわった。目青不動は港区青山の最勝寺から、目黄不動は墨田区本所からそれぞれ現在地に移された。目黄不動は台東(たいとう)区三ノ輪の永久寺とする説もある。
五木(ごぼく)
〔1〕食用・薬用や材料として有用な5種の木で、諸説がある。(ア)ウメ、モモ、ヤナギ、クワ、スギ。(イ)エンジュ、モモ、ヤナギ、クワ、カジノキ。(ウ)エンジュ、コウゾ、ヤナギ、クワ、ニレ。(エ)エンジュ、キリ、センダン、クワ、ホオノキ。
〔2〕石炭火、木炭火、竹火、草火、麻(まかい)火。火をとる木の5種。
〔3〕梟、盧、雉、犢、塞。中国の賽(さい)に代表される博打(ばくち)の道具。→五木
五味(ごみ)
〔1〕食品や料理の味の基本要素となる5種の味。辛、鹹(かん)、甘、酸、苦。淡を加えて六味とする説もある。
〔2〕5種類の食品。醯(かい)、酒、飴蜜(いみつ)、薑(きょう)、塩。醯は酢、薑は生姜(しょうが)のこと。
〔3〕仏教から出たことばで、牛乳を発酵させる過程で生ずる5段階の味。乳味、酪(らく)味、生酥(しょうそ)味、熟酥味、醍醐(だいご)味。→五味
五輪(ごりん)
 地、水、火、風、空。「五大」と同じで、輪とするのは、法性(ほっしょう)の徳が円満であることから。→五輪塔
六義(りくぎ)
 『詩経』における詩の分類法。風(ふう)、雅(が)、頌(しょう)、賦(ふ)、比(ひ)、興(きょう)。→六義
六芸(りくげい)
 中国周代に、士として修得すべき六つの技芸。礼、楽、射、御、書、数。のちには礼、楽、書、詩、易、春秋の六つをいい、「六経(りくけい)」をも意味するようになった。→六芸
六書(りくしょ)
〔1〕象形(しょうけい)、指事、会意、形声、転注、仮借。漢字の成立と使用に関する六つの原則をいう。→六書
〔2〕「六体」に同じ。
六体(りくたい)
 漢字の六つの書体のこと。大篆(だいてん)、小篆、八分(はっぷん)、隷書(れいしょ)、行書(ぎょうしょ)、草書。
六国史(りっこくし)
 日本の正史を記した史書。『日本書紀』『続日本紀(しょくにほんぎ)』『日本後紀(こうき)』『続日本後紀』『日本文徳(もんとく)天皇実録』『日本三代実録』。奈良時代から平安時代にかけて勅撰(ちょくせん)で編集された。→六国史
六斎日(ろくさいにち)
 仏教で、心身を慎み斎戒すべきとされる日。毎月の8日、14日、15日、23日、29日、晦日(みそか)(いずれも陰暦)。
六地蔵(ろくじぞう)
 六道で衆生を苦患から救うとされる6種の地蔵菩薩。諸説がある。
〔1〕檀陀地蔵、宝珠地蔵、宝印地蔵、持地地蔵、除蓋障地蔵、日光地蔵。
〔2〕延命地蔵、宝処地蔵、宝印地蔵、持地地蔵、堅固意地蔵、宝手地蔵。→六地蔵
六宗(ろくしゅう)
 仏教の六つの宗派。
〔1〕南都六宗。三論宗、法相(ほっそう)宗、華厳(けごん)宗、律宗、成実(じょうじつ)宗、倶舎(くしゃ)宗。→南都六宗
〔2〕大乗六宗。三論宗、法相宗、華厳宗、律宗、天台宗、真言宗。
六勝寺(ろくしょうじ)
 平安時代末期、京都に皇室の御願寺として創建された六つの寺。法勝(ほっしょう)寺、尊勝寺、円勝寺、最勝寺、成勝(じょうしょう)寺、延勝寺。寺名に「勝」の字があるところからこうよぶ。→六勝寺
六所遠流(ろくしょおんる)
 江戸時代、罪人を遠流・遠島(えんとう)した6か所の地。伊豆七島、薩摩(さつま)五島、天草(あまくさ)、隠岐(おき)、壱岐(いき)、佐渡。
六大師(ろくだいし)
 弘法(こうぼう)大師空海、伝教(でんぎょう)大師最澄、慈覚大師円仁、智証(ちしょう)大師円珍、慈慧(じえ)大師良源、円光大師源空。
六道(ろくどう)
 いっさいの衆生が、その業によって赴かなければならないところ。地獄、餓鬼、畜生、修羅(しゅら)、人間、天上。「六趣」とも。→六道
六曜(ろくよう)
 先勝(せんしょう)、友引(ともびき)、先負(せんぷ)、仏滅、大安(たいあん)、赤口(しゃっく)。暦注の一つで、元来は五行と結び付けて時刻の吉凶占いに用いられたもの。室町時代に中国から伝わったとされる。「六輝」「六曜星」とも。→六曜
六家集(ろっかしゅう)
 六つの私家集。藤原俊成(しゅんぜい)の『長秋詠藻(ちょうしゅうえいそう)』、藤原良経(よしつね)の『秋篠月清(あきしのげっせい)集』、慈円の『拾玉(しゅうぎょく)集』、藤原定家の『拾遺愚草(しゅういぐそう)』、藤原家隆(いえたか)の『壬二(みに)集』、西行(さいぎょう)の『山家(さんか)集』。→六家集
六歌仙(ろっかせん)
 僧正遍昭(そうじょうへんじょう)、在原業平(ありわらのなりひら)、文屋康秀(ふんやのやすひで)、喜撰(きせん)法師、小野小町(おののこまち)、大友黒主(おおとものくろぬし)。平安時代初期の優れた歌人6人。→六歌仙
六根(ろっこん)
 仏教の六識(見、聞、嗅(きゅう)、味、触、知を知覚する眼識、耳識、鼻識、舌識、身識、意識の総称)をおこさせる六つの感官。目、耳、鼻、舌、身、意。→六根清浄
六腑(ろっぷ)
 漢方医学でいう6種の内臓。大腸、小腸、胆、胃、三焦(さんしょう)、膀胱(ぼうこう)。→五臓六腑
六法(ろっぽう)
 現代成文法の代表。憲法、民法、商法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法。→六法
七官(しちかん)
 1868年(明治1)に設置された中央官庁の総称。議政官、神祇(じんぎ)官、行政官、会計官、軍務官、外国官、刑法官。
七経(しちけい)
 古聖賢の著した7部の経書。諸説ある。
〔1〕『詩経』『書経』『礼記(らいき)』『楽経』『易経』『春秋』『論語』。
〔2〕『詩経』『書経』『礼記』『周礼(しゅらい)』『儀礼(ぎらい)』『公羊(くよう)伝』『論語』。
〔3〕『詩経』『書経』『易経』『礼記』『周礼』『儀礼』『春秋』。
七賢(しちけん)
 7人の賢者。中国には諸種ある。
〔1〕春秋の七賢。伯夷(はくい)、叔斉(しゅくせい)、虞仲(ぐちゅう)、夷逸(いいつ)、朱張、少連、柳下恵(りゅうかけい)
〔2〕後漢の七賢。袁秘、封観(ほうかん)、陳端、范仲礼、劉偉徳(りゅういとく)、丁子嗣、張仲然。
〔3〕漢魏(ぎ)の七賢。衛颯(えいさつ)、茨充(しじゅう)、許荊(きょけい)、欒巴(らんは)、度尚(どしょう)、周(しゅうきん)、唐羌(とうきょう)
〔4〕竹林(ちくりん)の七賢。阮籍(げんせき)(けいこう)、山濤(さんとう)、向秀(しょうしゅう)、劉伶(りゅうれい)、阮咸(げんかん)、王戎(おうじゅう)。→竹林の七賢
七五三(しちごさん)
 男子は数え年の3歳と5歳、女子は3歳と7歳の11月15日に、その成長を祝う習俗。→七五三
七書(しちしょ)
 中国の7部の兵書。『孫子』『呉子』『司馬法』『尉繚子(うつりょうし)』『三略』『六韜(りくとう)』『李衛公問対(りえいこうもんたい)』。「武経(ぶけい)七書」とも。ほかに『史記』『漢書(かんじょ)』『荘子(そうじ)』『韓文』『文選(もんぜん)』『説文解字(せつもんかいじ)』『資治通鑑(しじつがん)』の7書をいうこともある。→武経七書
七大寺(しちだいじ)
 東大寺、興福寺、元興(がんごう)寺、大安寺、薬師寺、西大(さいだい)寺、法隆寺。奈良付近にあり、これらの寺を巡拝することを「七大寺詣(もう)で」といった。→南都七大寺
七島(しちとう)
〔1〕伊豆七島。東京都の火山島群。大島、利島(としま)、新島(にいじま)、式根島、神津(こうづ)島、三宅(みやけ)島、御蔵(みくら)島。式根島を除いて八丈島を加える場合も多い。
〔2〕宝(たから)七島。鹿児島県の吐喝喇(とから)列島のうちの7島。宝島、口之島、中之島、臥蛇(がじゃ)島、諏訪瀬(すわのせ)島、平(たいら)島、悪石(あくせき)島。
七道(しちどう)
 律令(りつりょう)制下の地方行政区画。東海道、東山道、北陸道、山陰道、山陽道、南海道、西海道。五畿内(ごきない)に対して、他の諸国を7道に分け、それぞれに都から街道を通した。→五畿七道
七堂伽藍(しちどうがらん)
 寺院の主要な7種の堂宇。初めは数字とは無関係だったが、のちに7種の堂宇をさすようになった。
〔1〕南都六宗。金堂(こんどう)、講堂、塔、鐘楼、経院蔵、僧坊、食堂(じきどう)。一般にはこの7種をいう。
〔2〕禅宗。仏殿、法堂(はっとう)、三門、庫院(くいん)、僧堂、浴室、東司(とうす)
〔3〕天台宗。相輪(そうりんとう)、中堂、講堂、戒壇堂、文殊楼、法華堂、常行堂。
〔4〕真言宗。五重塔、金堂、講堂、鐘楼、経蔵、大門、中門。→七堂伽藍
七難(しちなん)
〔1〕仏教で7種の災難をいうが、経典によってその内容は異なる。
〔2〕種々の欠点、難点。とくに定まった内容はない。
七俳仙(しちはいせん)
 松永貞徳(ていとく)門下の優れた俳人7名。野々口立圃(りゅうほ)、松江重頼(しげより)、山本西武(さいむ)、鶏冠井令徳(かえでいりょうとく)、安原貞室、北村季吟(きぎん)、高瀬梅盛(ばいせい)
七福神(しちふくじん)
 福をもたらす7人の神。大黒天、恵比須(えびす)、毘沙門天(びしゃもんてん)、弁才天、福禄寿(ふくろくじゅ)、寿老人、布袋(ほてい)。→七福神
七部集(しちぶしゅう)
〔1〕芭蕉(ばしょう)の俳諧(はいかい)集のなかで、とくに代表的な7部の書を集めたもの。『冬の日』『春の日』『曠野(あらの)』『ひさご』『猿簑(さるみの)』『炭俵(すみだわら)』『続猿簑』。→俳諧七部集
〔2〕芭蕉の『俳諧七部集』に倣って刊行された俳諧集。『其角(きかく)七部集』『雪門七部集』『蕪村(ぶそん)七部集』など。→七部集
七仏薬師(しちぶつやくし)
〔1〕衆生済度のため身を変幻した薬師如来(にょらい)の7種の相。善名称吉祥王如来、宝月智厳光音自在王如来、金色宝光妙行成就如来、無憂最勝吉祥如来、法海雷音如来、法海勝慧遊戯神通如来、薬師瑠璃光如来。
〔2〕京都付近の薬師如来を祀(まつ)る七つの寺。観慶寺、護国寺、広隆寺、法雲寺、延暦(えんりゃく)寺、珍重寺、平等寺。
七宝(しちほう/しっぽう)
 7種の宝物。
〔1〕無量寿経では、金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)(しゃこ)、珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)
〔2〕法華経では、金、銀、瑪瑙、瑠璃、、真珠、(ばいかい)
〔3〕金属の素地(きじ)にガラス質のうわぐすりを焼き付けて装飾する工芸。→七宝
七本槍(しちほんやり)
 戦国時代の合戦で、槍を振るって勇名をはせた武者7人。賤ヶ岳(しずがたけ)の七本槍がとくに知られている。福島正則(まさのり)、加藤清正(きよまさ)、加藤嘉明(よしあき)、平野長泰(ながやす)、脇坂安治(わきざかやすはる)、糟屋(かすや)武則、片桐且元(かたぎりかつもと)。近江(おうみ)賤ヶ岳で柴田勝家を破ったときの羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉勢。
七雄(しちゆう)
〔1〕戦国時代に、全国統一を図って上洛(じょうらく)を競った7人。織田信長、今川義元(よしもと)、武田信玄、上杉謙信、毛利元就(もうりもとなり)、北条氏康(うじやす)、豊臣(とよとみ)秀吉。
〔2〕戦国時代、西国で覇を競った7人。三好長慶(みよしながよし)、大内義隆(よしたか)、尼子晴久(あまごはるひさ)、島津義久(よしひさ)、毛利元就、大友宗麟(そうりん)、長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)
〔3〕中国の戦国時代の七つの国。秦(しん)、楚(そ)、燕(えん)、斉(せい)、趙(ちょう)、魏(ぎ)、韓。→戦国七雄
七草(ななくさ)
〔1〕春の七草。セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ(ラ)、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。→春の七草
〔2〕秋の七草。ハギ、オバナ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウまたはアサガオ。→秋の七草
七つ道具(ななつどうぐ)
〔1〕武士の七つ道具。具足、刀、太刀、弓、矢、母衣(ほろ)、兜(かぶと)
〔2〕婦人の懐中の七つ道具。鋏(はさみ)、小刀、針、耳かき、毛抜き、糸巻き、さじ。
〔3〕転じて、そろえておくべきいろいろの道具。→七つ道具
七つの海(ななつのうみ)
 七つの大洋。南太平洋、北太平洋、南大西洋、北大西洋、南極海、北極海、インド洋。転じて世界中の海をいう。→七つの海
七不思議(ななふしぎ)
 ある特定の地域において不思議な現象として取り上げられる7種の事柄。→七不思議
八虐(はちぎゃく)
 古代日本の律で定められた8種の罪。謀反(むへん)、謀大逆(ぼうだいぎゃく)、謀叛(むほん)、悪逆、不道、大不敬(だいふきょう)、不孝、不義。「八逆」とも。→八虐
八陣(はちじん)
 軍陣の八つの形式。大江維時(おおえのこれとき)が唐から伝えたとされる八陣は、魚鱗、鶴翼(かくよく)、雁行(がんこう)、彎月(わんげつ)、鋒光(ほうこう)、衡軛(こうやく)、長蛇、方円。→八陣 →大江維時
八大地獄(はちだいじごく)
 熱さで苦しめる8種の地獄。等活、黒縄(こくじょう)、衆合(しゅごう)、叫喚(きょうかん)、大叫喚、焦熱、大焦熱、無間(むげん)。→地獄
八代集(はちだいしゅう)
 8代の勅撰(ちょくせん)和歌集。『古今集』『後撰集』『拾遺(しゅうい)集』『後拾遺集』『金葉集』『詞花(しか)集』『千載(せんざい)集』『新古今集』。→勅撰和歌集
八道(はちどう)
 古代朝鮮半島における八つの行政区分。京畿(けいき)道、江原道、咸鏡(かんきょう)道、平安道、黄海道、忠清道、全羅道、慶尚道。
八平氏(はちへいし)
 桓武(かんむ)平氏の流れをくむ関東の豪族8氏。千葉、上総(かずさ)、三浦、土肥(どひ)、秩父(ちちぶ)、大庭(おおば)、梶原(かじわら)、長尾の各氏。源氏と結び平家追討に協したことから、有力な御家人(ごけにん)として鎌倉幕府で枢要な地位についた。→坂東八平氏
八卦(はっか)
 易の算木の面に表れる8種の形。乾(けん)、兌(だ)、離(り)、震(しん)、巽(そん)、坎(かん)、艮(ごん)、呻(こん)。「はっけ」とも。→八卦
八苦(はっく)
 人生の八つの苦しみ。生、老、病、死、愛別離、怨憎会(おんぞうえ)、求不得(ぐふとく)、五陰盛(ごいんじょう)
入唐八家(にっとうはっけ)
 平安時代に唐に留学、密教をもたらして布教に努めた8人の高僧。最澄、空海、常暁、円行、円仁、恵運(えうん)、円珍、宗叡(しゅうえい)。「真言(しんごん)八家」とも。
八景(はっけい)
 8か所の景勝地。中国の瀟湘(しょうしょう)八景におこり、日本にもこれに倣(なら)って各地にある。
〔1〕瀟湘八景。山市晴嵐(さんしせいらん)、漁村夕照(せきしょう)、瀟湘夜雨(やう)、遠浦(えんぽ)帰帆、煙寺(えんじ)晩鐘、洞庭秋月、平沙落雁(へいさらくがん)、江天暮雪(ぼせつ)。→瀟湘八景
〔2〕近江(おうみ)八景。比良(ひら)の暮雪、堅田(かたた)の落雁、唐崎(からさき)の夜雨、三井(みい)の晩鐘、矢橋(やばせ)の帰帆、粟津(あわづ)の晴嵐、石山の秋月、瀬田の夕照。→近江八景
〔3〕日本八景。紀伊の和歌浦(わかのうら)、摂津(せっつ)の住吉浦、播磨(はりま)の明石(あかし)浦、大和(やまと)の吉野山、陸奥(むつ)の塩竈(しおがま)浦、山城(やましろ)の加茂川、出羽(でわ)の最上(もがみ)川、駿河(するが)の富士山。
〔4〕金沢八景。横浜市金沢区の平潟(ひらかた)海岸の景勝地。平潟の落雁、称名寺の晩鐘、内川(うちかわ)の暮雪、乙艫(おつとも)の帰帆、野島の夕照、洲崎(すさき)の晴嵐、小泉の夜雨、瀬戸の秋月。→金沢八景
関八州(かんはっしゅう)
 関東の8国。相模(さがみ)、武蔵(むさし)、安房(あわ)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)、常陸(ひたち)、上野(こうずけ)、下野(しもつけ)
八姓(はっしょう)
 古代の姓(かばね)の制度。真人(まひと)、朝臣(あそん)、宿禰(すくね)、忌寸(いみき)、道師(みちのし)、臣(おみ)、連(むらじ)、稲置(いなぎ)。684年に天武(てんむ)天皇が従来の姓制度を再編成して新たに制定した8種の姓で、皇親を最高とする身分制度の樹立を目ざしたもの。「八色(やくさ)の姓(かばね)」とも。→八色の姓
八省(はっしょう)
 律令(りつりょう)官制で太政(だいじょう)官に設けられた八つの行政官庁。中務(なかつかさ)省、式部省、治部(じぶ)省、民部省、兵部(ひょうぶ)省、刑部(ぎょうぶ)省、大蔵省、宮内省。→八省百官
九華族(きゅうかぞく)
 三条、西園寺(さいおんじ)、徳大寺、菊亭、花山院(かざんいん)、大炊御門(おおいみかど)、久我(こが)、醍醐(だいご)、広幡(ひろはた)の9家。「九清華(せいが)」とも。
九州(きゅうしゅう)
 西海道の9か国。筑前(ちくぜん)、筑後(ちくご)、豊前(ぶぜん)、豊後(ぶんご)、肥前(ひぜん)、肥後(ひご)、日向(ひゅうが)、薩摩(さつま)、大隅(おおすみ)。→九州地方
九星(きゅうせい)
 陰陽道(おんみょうどう)における九つの星。一白(いっぱく)、二黒(じこく)、三碧(さんぺき)、四緑(しろく)、五黄(ごおう)、六白(ろっぱく)、七赤(しちせき)、八白(はっぱく)、九紫(きゅうし)。これにより方位・配遇などの相生・相剋(そうこく)をみて吉凶を占う。→九星
九拝(きゅうはい)
 中国周代に定められた敬礼法の9種。稽首(けいしゅ)、頓首(とんしゅ)、空首、吉拝、内拝、奇拝、褒拝、粛拝、振動。転じて何度も拝礼して敬意を表すこと。さらに、手紙の末尾に置いて、敬意を表す語として使われるようになった。
九字(くじ)
 「臨兵闘者皆陳列前行」の9個の文字。道家に始まり、のちに密教、修験道(しゅげんどう)でも行われた護身の秘呪(ひじゅ)。この九字を唱えながら、指で空中に縦に四線、横に五線を描くときは、どんな強敵も恐れる必要はないとする。
十戒(じっかい)
 『梵網(ぼんもう)経』による10の戒め。
〔1〕不殺生(せっしょう)戒、不偸盗(ちゅうとう)戒、不邪婬(じゃいん)戒、不妄語(もうご)戒、不(こしゅ)戒、不説過(せっか)戒、不自讃毀他(じさんきた)戒、不慳法財(けんほうざい)戒、不瞋恚(しんい)戒、不謗三宝(ぼうさんぼう)戒。
〔2〕『旧約聖書』で、神がモーセを通じてイスラエルの民に与えた戒め。→十戒
十干(じっかん)
 甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)。五行(木、火、土、金、水)に陰陽の兄(え)・弟(と)を配したもの。普通、十二支と組んで用いられ、干支(えと)の称が生まれた。→十干十二支
十刹(じっせつ)
 臨済宗で、五山に次ぐ格式をもつ十大寺。
〔1〕京都十刹。等持院、臨川(りんせん)寺、真如寺、安国寺、宝幢(ほうどう)寺、普門寺、広覚寺、妙光寺、大徳寺、竜翔寺。
〔2〕鎌倉十刹。禅興寺、瑞泉(ずいせん)寺、東勝寺、万寿寺、太慶寺、興聖(こうしょう)寺、東漸寺、善福寺、法泉寺、長楽寺。
十哲(じってつ)
 その門下における10人の高弟。
〔1〕孔門の十哲。孔子門下の儒者。顔回(がんかい)、閔子騫(びんしけん)、冉伯牛(ぜんはくぎゅう)、仲弓(ちゅうきゅう)、宰我(さいが)、子貢(しこう)、冉有(ぜんゆう)、子路(しろ)、子游(しゆう)、子夏(しか)。→孔門の十哲
〔2〕蕉門(しょうもん)十哲。芭蕉(ばしょう)門下の俳人。其角(きかく)、支考、許六(きょりく)、去来(きょらい)、嵐雪(らんせつ)、丈草(じょうそう)、野坡(やば)、杉風(さんぷう)、北枝(ほくし)、越人(えつじん)をさす場合が多い。→蕉門十哲
〔3〕木門の十哲。木下順庵(じゅんあん)門下の儒者。新井白石(あらいはくせき)、室鳩巣(むろきゅうそう)、雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)、祇園南海(ぎおんなんかい)、榊原篁洲(さかきばらこうしゅう)、南部南山(なんぶなんざん)、松浦霞沼(まつうらかしょう)、三宅観瀾(かんらん)、服部寛斎(はっとりかんさい)、向井滄洲(むかいそうしゅう)
十悪(じゅうあく)
〔1〕仏教の三業、つまり身と口と心の働きがつくる10の罪悪。殺生(せっしょう)、偸盗(ちゅうとう)、邪淫(じゃいん)、妄語(もうご)、両舌(りょうぜつ)、悪口(あっく)、綺語(きご)、貪欲(とんよく)、瞋恚(しんい)、邪見(じゃけん)
〔2〕上代において、重く罰せられた10の罪名。謀反(むへん)、謀大逆(ぼうだいぎゃく)、謀叛(むほん)、悪逆、不道、大不敬、不孝、不睦、不義、内乱。
十大弟子(じゅうだいでし)
〔1〕釈迦(しゃか)の十大弟子。舎利弗(しゃりほつ)、目(もくけんれん)、摩訶迦葉(まかかしょう)、須菩提(しゅぼだい)、富楼那(ふるな)、迦旃延(かせんねん)、阿那律(あなりつ)、優婆離(うばり)、羅(らごら)、阿難(あなん)
〔2〕空海の十大弟子。真済(しんぜい)、真雅(しんが)、実慧(じちえ)、道雄(どうゆう)、円明(えんみょう)、真如(しんにょ)、杲隣(ごうりん)、泰範(たいはん)、智泉(ちせん)、忠延(ちゅうえん)。→十大弟子
十勇士(じゅうゆうし)
 戦陣でとくに活躍した勇士10人をあげたもの。真田幸村(さなだゆきむら)の家臣の真田十勇士がよく知られる。穴山小助(あなやまこすけ)、海野(うんの)六郎、筧(かけい)十蔵、霧隠才蔵(きりがくれさいぞう)、猿飛佐助(さるとびさすけ)、根津甚八(ねづじんぱち)、三好清海入道(みよしせいかいにゅうどう)、三好伊三(いさ)入道、望月(もちづき)六郎、由利鎌之助(ゆりかまのすけ)。→真田十勇士
十二階(じゅうにかい)
 冠の種類によって朝廷内の十二階の序列を示す最初の制度。「冠位十二階」とも。→冠位十二階
十二宮(じゅうにきゅう)
 黄道(こうどう)に沿った天域を12分割したもの。占星術で用いられる。→黄道十二宮
十二支(じゅうにし)
 暦法などで、12の数を動物の名に置き換えたもの。子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)。→十干(じっかん)十二支
十二使徒(じゅうにしと)
 キリストが教えを伝えるために選んだ12人の弟子。→使徒
十二神将(じゅうにしんしょう)
 薬師如来(にょらい)の眷族(けんぞく)で、仏教の行者を守護するという12神。宮毘羅(くびら)、伐折羅(ばさら)、迷企羅(めいきら)、安底羅(あんちら)、摩(まにら)、珊底羅(さんちら)、因陀羅(いんだら)、婆夷羅(ばいら)、摩虎羅(まこら)、真達羅(しんだら)、招杜羅(しょうとら)、毘羯羅(びから)。→十二神将
十二銭(じゅうにせん)
 日本で鋳造された12種の銅銭。和同開珎(わどうかいちん)、万年通宝、神功(じんぐう)開宝、隆平(りゅうへい)永宝、富寿神宝、承和昌宝(じょうわしょうほう)、長年大宝(ちょうねんたいほう)、饒益神宝(にょうやくしんぽう)、貞観(じょうがん)永宝、寛平(かんぴょう)大宝、延喜(えんぎ)通宝、乾元(けんげん)大宝。和同開珎は、和銅元年(708)に鋳造された銭。→皇朝十二銭
十二天(じゅうにてん)
 世界を守護する12種の天神。帝釈(たいしゃく)天、焔魔(えんま)天、水天、毘沙門(びしゃもん)天、火天、羅刹(らせつ)天、風天、伊舎那天、梵(ぼん)天、地天、日天、月天。→十二天
十三代集(じゅうさんだいしゅう)
 『新勅撰(しんちょくせん)集』『続(しょく)後撰集』『続古今集』『続拾遺(しゅうい)集』『新後撰集』『玉葉集』『続千載(せんざい)集』『続後拾遺集』『風雅集』『新千載集』『新拾遺集』『新後拾遺集』『新続古今集』。鎌倉時代から室町時代の13の勅撰和歌集。二十一代集から初めの八代集を除く後代のもの。→勅撰和歌集
十六羅漢(じゅうろくらかん)
 世にとどまって仏法を護持する16人の羅漢(悟りを開いた仏弟子)。→十六羅漢
十八大通(じゅうはちだいつう)
 江戸時代中期の安永・天明年間、江戸新吉原の花柳界や演芸界で豪遊した大通人。→十八大通
十八番(じゅうはちばん)
 歌舞伎市川家が勤めてきた18種の当り狂言。→歌舞伎十八番
十八般(じゅうはっぱん)
 中国の武芸18種のこと。これに倣(なら)って、日本でも、時代ごとに異なるが定められた。→武芸
二十一代集(にじゅういちだいしゅう)
 平安時代から室町時代にかけて編集された21の勅撰(ちょくせん)和歌集。八代集と十三代集をあわせてよぶ。→勅撰和歌集
二十四孝(にじゅうしこう)
 中国古来の代表的な孝子24人。→二十四孝
二十四節気(にじゅうしせっき)
 太陰太陽暦で1年を24等分して季節を表したもの。→二十四節気
二十八宿(にじゅうはっしゅく)
 インド、中国などで、赤道、黄道(こうどう)付近で天球を28の不等な部分に分けて設けた星座。→二十八宿
三十三所(さんじゅうさんしょ)
 観音を安置した33の巡礼霊場。33の数は観音の化身する数に合わせたもの。それぞれの地方名を冠してよばれている。「三十三箇所」「三十三番礼所」とも。→西国三十三所 →坂東三十三所 →秩父三十三所
三十六歌仙(さんじゅうろっかせん)
 藤原公任(きんとう)が選んだ優れた歌人36人。後年、これを模して選ばれたものが多種ある。→三十六歌仙
三十六計(さんじゅうろっけい)
 兵法に説かれている36種の策略。
四十七士(しじゅうしちし)
 吉良上野介(きらこうずけのすけ)の首級をあげ、主君浅野内匠頭(たくみのかみ)の仇(あだ)を討った赤穂(あこう)藩浪士47人。→赤穂浪士
四十八手(しじゅうはって)
 相撲(すもう)の決まり手の通称。四十八は、数多いという意味で、48に限られていなかった。→相撲
五十三次(ごじゅうさんつぎ)
 江戸時代、東海道に置かれた53の宿駅。→宿場
八十八か所(はちじゅうはっかしょ)
 四国の各地に点在する88か所の弘法大師(こうぼうだいし)の霊場。→四国八十八か所
百人一首(ひゃくにんいっしゅ)
 1人1首ずつ100首を選んだもの。『小倉(おぐら)百人一首』がその代表。→百人一首
百八煩悩(ひゃくはちぼんのう)
 108種の煩悩のこと。六根(ろっこん)から生ずる苦・楽・不苦不楽で18種、これを貪者と無貪者に分けると36種、さらに三世(さんぜ)に配して108種の煩悩とした。
四百四病(しひゃくしびょう)
 病気の総称。仏説では、人間は四大(地大、水大、火大、風大)の調和で成り立っている。その調和が崩れると、それぞれから黄病、痰(たん)病、熱病、風病が各101、合計404の病気を生じるという。→四百四病
五百羅漢(ごひゃくらかん)
 釈迦入滅後の、第一結集(けつじゅう)と第四結集のときに来会したとされる500人の羅漢(悟りを開いた仏弟子)。→五百羅漢
千字文(せんじもん)
 中国、梁(りょう)の武帝の命により、1000の漢字を4字句からなる韻文に編んだもの。周興嗣(しゅうこうし)の撰(せん)による。→千字文
三千世界(さんぜんせかい)
 須弥山(しゅみせん)を中心に、周囲は九山八海、上は色界初禅天から下は風輪までが一つの小世界。この1000倍が小千世界、さらに各1000倍ずつすると中千世界、大千世界となる。三千世界とは、小・中・大と千世界が三つ重なることからいったもの。これが一仏の教化範囲となる。「三千大世界」とも。

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android