コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神谷宗湛 かみやそうたん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神谷宗湛
かみやそうたん

[生]天文20(1551).博多
[没]寛永12(1635).10.28. 博多
安土桃山時代,江戸時代初期の豪商,茶人。紹策の子。紙屋 (こうや) 宗旦とも書き,幼名善四郎,字は貞清。神谷家は筑前博多の商人で3代目の寿貞が石見銀山の開発に成功して富をなした。天正 15 (1587) 年大坂城で豊臣秀吉に謁見してその寵を得,特権的政商として朝鮮,中国やルソン,シャムなどとの南洋貿易を行い巨利を博した。さらに産業開発にも意をそそぎ,櫨 (はぜ) による製ろう法,博多そうめんをも創製し,冶金法,織物にも貢献した。彼の手記『宗湛日記』は当時の茶会記録として著名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かみや‐そうたん【神谷宗湛】

[1553~1635]安土桃山から江戸初期にかけての豪商。博多の人。豊臣秀吉の保護を受け、中国・朝鮮・南方諸国と交易千利休と交わり、茶人としても有名。茶会記録に「宗湛日記」がある。紙屋宗旦。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神谷宗湛 かみや-そうたん

1553-1635 織豊-江戸時代前期の豪商,茶人。
天文(てんぶん)22年1月1日生まれ。代々筑前(ちくぜん)(福岡県)博多で貿易商をいとなむ。天正(てんしょう)14年出家。翌年豊臣秀吉の大茶の湯にまねかれ,千利休らとまじわる。秀吉の命で博多の復興につくす。のち櫨蝋(はぜろう)の生産,鉱山開発など福岡藩の産業開発に貢献。寛永12年10月28日死去。83歳。字(あざな)は貞清。通称は善四郎。姓は神屋,紙屋,号は宗旦,宗丹ともかく。日記に「神谷宗湛日記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神谷宗湛
かみやそうたん
(1553―1635)

安土(あづち)桃山時代から江戸時代初期にかけての九州博多(はかた)の豪商。神屋、紙屋宗旦、宗丹などとも書く。代々博多に住む貿易商で、曽祖父(そうそふ)寿禎(じゅてい)は明(みん)から銀精錬の新技術を学び、石見(いわみ)大森銀山を経営して巨富を築いた。1569年(永禄12)大友・毛利氏の争いで博多が焼亡すると、父とともに肥前唐津(からつ)に移り、86年(天正14)出家して宗湛と号した。翌年豊臣(とよとみ)秀吉が博多の復興を計画すると、島井宗室(そうしつ)とともに召し出され、復興事業に力を尽くした。宗湛は茶道にも通じ、千利休(せんのりきゅう)、津田宗及(そうきゅう)らとも交わり、秀吉もしばしば茶会に彼を招いた。秀吉の朝鮮出兵にあたっては、名護屋(なごや)にあって軍需物資の調達輸送などにあたった。関ヶ原の戦い後、黒田家が領主として入国すると、もっとも有力な御用商人として登用され、また櫨蝋(はぜろう)の生産、鉱山開発、博多そうめん、博多織など藩内の産業開発にも貢献したといわれる。『宗湛日記』は彼の茶会記録であるが、当時の豪商を理解するための史料としても重要である。[村井益男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

神谷宗湛 (かみやそうたん)

生年月日:1553年1月1日
安土桃山時代;江戸時代前期の筑前博多の豪商;茶人
1635年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

神谷宗湛の関連キーワード大賀九郎左衛門天王寺屋道叱名数小辞典神谷寿禎博多商人生年月日せっけんハゼノキ島井宗室石見銀山千紹二シャム巨利京焼政商