コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲田 こうだ

2件 の用語解説(甲田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲田
こうだ

広島県中部,可愛川 (えのかわ) 中流域にある地区。旧町名。三次 (みよし) 市の南西に接する。 1956年発足。国道 54号線に沿う旧甲立町と,芸備線吉田口駅を中心とする旧小田村が合併したもので,旧町名もそれによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲田
こうだ

広島県中北部、高田(たかた)郡にあった旧町名(甲田町(ちょう))。現在は安芸高田(あきたかた)市甲田町地区。1956年(昭和31)甲立(こうたち)町と小田(おだ)村が合併して成立。2004年(平成16)吉田(よしだ)、八千代(やちよ)、美土里(みどり)、高宮(たかみや)、向原(むかいはら)の5町と合併、市制施行して安芸高田市となる。旧甲田町の町域には、可愛(えの)川が南流し、沿岸をJR芸備(げいび)線、国道54号が通じる。米作中心の農業であるが、生産調整の結果、野菜や飼料への転作が増えている。また、高田ナシの発祥地としてその栽培が盛んである。観光ナシ園があり、ナシ狩りでにぎわう。東方の山地には、中国山地に多い山砂利(じゃり)層がみられ、甲立礫(れき)層として知られる。文化財には江戸時代の豪農の児玉(こだま)家住宅、高林坊・理窓院といった古寺、南北朝時代の五龍(ごりゅう)城跡などがある。[北川建次]
『『甲田町誌』(1967・甲田町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲田の関連キーワード可愛川江の川鹿川港甲田[町]吉田〈町〉八千代〈町〉広島県広島市安芸区広島県廿日市市可愛甲田〈町〉美川〈村〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲田の関連情報