コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和順 ワジュン

4件 の用語解説(和順の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わ‐じゅん【和順】

[名・形動]
気候が順調で穏やかなこと。また、そのさま。「気候和順な地」
気質が穏やかで、おとなしいこと。また、そのさま。
「特に正直にして―なるのみ」〈中村訳・西国立志編
穏やかに従うこと。
「速やかに―して」〈読・近世説美少年録・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

和順【わじゅん】

韓国,全羅南道の中央部にある同名の郡の郡庁所在地。かつては交通が不便な山村地帯だったが,1971年に光州市につながるトンネルが開通して経済活動も盛んになった。良質の無煙炭を産する。
→関連項目全羅南道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

わじゅん【和順】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
気候が温暖で順調なこと。
性質が穏やかなこと。 「正直にして-なるのみ/西国立志編 正直
( 名 ) スル
争いをやめて、相手に従うこと。 「忽ちに害心を変じて、-し奉る/東鑑 治承四

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和順
わじゅん / ファスウン

韓国(大韓民国)、全羅南道の中央部に位置する和順郡(面積786.23平方キロメートル、人口7万2006、2000)にある邑(ゆう)(町)。郡庁所在地。1963年、面から邑に昇格。人口4万2368(2000)。和順郡の行政、経済、教育の中心地である。東面(村)の福岩里には全羅南道第一の無煙炭産地である和順鉱業所がある。[張 保 雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和順の関連キーワード安平清和穏やか温雅和気静穏暖和などやか円やか温和

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和順の関連情報