商業学(読み)しょうぎょうがく

日本大百科全書(ニッポニカ)「商業学」の解説

商業学
しょうぎょうがく

商業を研究対象にする社会科学の一分野であるが、商業概念の広狭に対応して、大きく分けて三つの考え方がある。第一は、物資の再販売のための売買活動のみをもって商業とする最狭義の概念にたつ商業学である。その中心内容は、卸売り・小売りなどの商品売買論もしくは商品流通論になる。第二は、生産者から消費者に至る物資の流通活動全体をもって商業とする狭義の概念にたつ商業学である。その中心内容は、やはり商品流通論になるが、卸・小売りに限定されることなく、集荷機能、原材料流通機能、取引所機能などを加えたものとなり、さらに購買、在庫、商品計画、価格政策、広告、市場調査など、商人(商業経営)の主体的行動をも加えたものになる。第三は、経済活動全体における財貨、資本、サービスの流通ないし交換取引をもって商業とする広義の概念にたつ商業学である。広義の商業学では、狭義の商業学の中心内容である商品流通論や商業経営論はもとより、経済活動全体を円滑に進行させるための金融、保険、証券、信託、倉庫、港湾、運輸、通信、情報処理、コンサルティングなどの第三次産業が対象として含まれ、各論を形成することになる。これらを単に並列しただけでは「学」として成立しえないから、広義の商業学の多くは、まず「商」の本質を論じ、いわば本来の商である商品売買業を基幹商業とし、金融等の商品売買業以外の諸業種を補助商業とする基本体系を形成している。以上の広狭3種の商業学のうち、最狭義の商業学はきわめてまれで、広狭いずれかが多いが、学問的に狭義の立場をとる場合でも、著書などの記述では広義の商業の範囲にまで言及するものが少なくない。

 商業学が独自の学問として成立するかについては長い間議論が続いており、それは商についての知識・技術の寄せ集めにすぎないとの否定論も根強い。否定論との必然的関連はないが、商学という類似名称の場合には、商についての知識・技術の総体、もしくは商についての諸学の総称という意味合いが強い。すなわち、商学とは、狭義の商業学と金融論、保険論、証券論等々の集合名詞であるという理解である。以上どちらかといえばドイツ系の学問論とは別に、アメリカ系のマーケティング論がとくに第二次世界大戦後、急速に商業学に代位しつつある。両者の関連は複雑であるが、マーケティング論は主体の論理を前面に押し出し、経営論の色彩が濃厚である点に特色があるといえよう。

[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「商業学」の解説

しょうぎょう‐がく〔シヤウゲフ‐〕【商業学】

商業に関する学問。商品流通・商業経営、および経済活動全体にかかわる運送・倉庫・金融・保険・証券などについて研究する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「商業学」の解説

しょうぎょう‐がく シャウゲフ‥【商業学】

〘名〙 商業に関して、原理や法則などを研究する社会科学の一分野。商品の売買・流通・経営に関する研究を根幹とする。広義には、さらに物品が生産されてから消費者にわたるまでの運送・倉庫・金融・保険・証券・情報処理などについての研究を含める。商学。
※公議所日誌‐八上・明治二年(1869)四月「民政学 商業学 砿山学 輿地学」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「商業学」の解説

しょうぎょうがく【商業学】

商と商業とが明確に区別されるべきであるように,それらを研究対象とする学問である商学と商業学の区別もまた分明されなければならない。商業学は歴史的には経済学よりもはるかに古く,その萌芽はアラビア人ディマシュキーの書きのこしたアッバース朝期の商事記録にさかのぼるといわれるが,学問的大成をみたのは18世紀ドイツの官房学者ルードビッチCarl G.Ludoviciらによる業績である。日本における商業学の発展は,明治維新後の主としてこのヨーロッパ系商業学の輸入によるといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android