問答法(読み)もんどうほう

デジタル大辞泉の解説

もんどう‐ほう〔モンダフハフ〕【問答法】

《〈ギリシャ〉dialektikē》対話を重ね、相手の答えに含まれる矛盾を指摘して相手に無知を自覚させることにより、真理の認識に導く方法。ソクラテスの問答法として知られる。産婆術。→弁証法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんどうほう【問答法】

〘哲〙 対話によって、無知を自覚せしめ(「無知の知」)、漠然とした知識を真正な認識に導き高めてゆくこと。ソクラテスの方法として知られる。産婆術。 → 弁証法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android