問答法(読み)もんどうほう

デジタル大辞泉の解説

もんどう‐ほう〔モンダフハフ〕【問答法】

《〈ギリシャ〉dialektikē》対話を重ね、相手の答えに含まれる矛盾を指摘して相手に無知を自覚させることにより、真理の認識に導く方法。ソクラテス問答法として知られる。産婆術。→弁証法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんどうほう【問答法】

〘哲〙 対話によって、無知を自覚せしめ(「無知の知」)、漠然とした知識を真正な認識に導き高めてゆくこと。ソクラテスの方法として知られる。産婆術。 → 弁証法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もんどう‐ほう モンダフハフ【問答法】

〘名〙
① 教師が問い、生徒が答えることを繰り返していくことによって学習指導を行なう方法
② 特に、ソクラテスが問答によって相手に自分の無知を自覚させ、真理の認識に導いたこと。産婆術とも名づけられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android