コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

問答法 モンドウホウ

デジタル大辞泉の解説

もんどう‐ほう〔モンダフハフ〕【問答法】

《〈ギリシャ〉dialektikē》対話を重ね、相手の答えに含まれる矛盾を指摘して相手に無知を自覚させることにより、真理の認識に導く方法。ソクラテスの問答法として知られる。産婆術。→弁証法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんどうほう【問答法】

〘哲〙 対話によって、無知を自覚せしめ(「無知の知」)、漠然とした知識を真正な認識に導き高めてゆくこと。ソクラテスの方法として知られる。産婆術。 → 弁証法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

問答法
もんどうほう

ディアレクティケ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

問答法の関連キーワード国家(プラトンの対話篇)ゼノン[エレアの]モリソン・プラン問答法(哲学)問答法(教育)メガラ学派開発教授法アイロニープラトン教授様式教育方法存在論教育方法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android