コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘘発見器 ウソハッケンキ

デジタル大辞泉の解説

うそ‐はっけんき【×嘘発見器】

心理学の実験器械で、緊張や感情の動揺などによって皮膚の電気抵抗が変わることを利用して、例えば被疑者供述がうそかどうかを検査する装置。正式には精神電流反射計、または電流皮膚反射計。ライディテクター。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

嘘発見器【うそはっけんき】

一般にはポリグラフとも呼び,1921年カナダジョン・A.ラーソンによって発明された。質問に対して虚偽の答えをしたときの情動に伴う生理的変化を測定して,嘘を発見する装置。
→関連項目精神電流現象

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘘発見器
うそはっけんき

ポリグラフ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘘発見器の関連情報