コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘘発見器 ウソハッケンキ

3件 の用語解説(嘘発見器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うそ‐はっけんき【×嘘発見器】

心理学の実験器械で、緊張や感情の動揺などによって皮膚の電気抵抗が変わることを利用して、例えば被疑者供述がうそかどうかを検査する装置。正式には精神電流反射計、または電流皮膚反射計。ライディテクター。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

嘘発見器【うそはっけんき】

一般にはポリグラフとも呼び,1921年カナダジョン・A.ラーソンによって発明された。質問に対して虚偽の答えをしたときの情動に伴う生理的変化を測定して,嘘を発見する装置。
→関連項目精神電流現象

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘘発見器
うそはっけんき

ポリグラフ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘘発見器の関連キーワードエビングハウス実験心理学青年心理学動物心理学ピエロン比較心理学フェヒナーリボー内面描写横山松三郎(2)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘘発見器の関連情報