四不像(読み)しふぞう

精選版 日本国語大辞典「四不像」の解説

しふ‐ぞう ‥ザウ【四不像】

〘名〙 シカ科の哺乳類。体高一・二メートルぐらい。体毛は夏は灰赤褐色で、冬は灰黄褐色となる。原産地は中国で、野生個体群はすでに二世紀ごろに絶滅していたが、一八六五年に北京の中国皇帝の狩猟園で飼育されているものが発見された。いまは約一〇〇〇頭が世界各地の動物園で飼育されている。角は鹿に、頭は馬に、体は驢馬(ろば)に、ひづめは牛に似ているが、そのいずれでもないというのでこの名がある。
※にんげん動物園(1981)〈中島梓〉七七「上野動物園に行くと、四不像(シフゾウ)、というけったいなものがおり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「四不像」の解説

し‐ふぞう〔‐フザウ〕【四不像】

《「不像」は中国語で似ていない意》偶蹄ぐうてい目シカ科の哺乳類。大形のシカで枝分かれした角をもつ。尾の先に長毛がある。野生種は明らかではないが、北京の南苑に飼われていたものは20世紀初頭に絶滅。その前にヨーロッパに持ち出されていたものが繁殖。名は中国の「ひづめは牛に似て牛にあらず、頭は馬に似て馬にあらず、身はろばに似て驢にあらず、角は鹿しかに似て鹿にあらず」という伝承からという。
[類語]鹿日本鹿蝦夷鹿えぞしか本州鹿九州鹿屋久鹿赤鹿大鹿尾白鹿麝香鹿じゃこうじか花鹿箆鹿へらじか豆鹿きょんのろウエムルカリブーサンバートナカイワピチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android