麝香鹿(読み)ジャコウジカ

デジタル大辞泉の解説

じゃこう‐じか〔ジヤカウ‐〕【×麝香鹿】

偶蹄(ぐうてい)目ジャコウジカ科の哺乳類。小形のシカで、雌雄とも角がない。雄は上あごの犬歯が長く、口の外から見える。下腹部に麝香腺がある。ネパール地方から中国・朝鮮半島にかけての森林にすむ。→麝香

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃこうじか【麝香鹿】

偶蹄目ジャコウジカ科の哺乳類。体長90センチメートル、肩高60センチメートルほど。雄の上顎犬歯は長く牙状で、角はない。へその後方に麝香を分泌する麝香腺がある。中国南部から東アジアの山地の森林に三種が生息する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

麝香鹿 (ジャコウジカ)

動物。シカ科ジャコウジカ属に含まれる動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android