四街道[市](読み)よつかいどう

百科事典マイペディア「四街道[市]」の解説

四街道[市]【よつかいどう】

千葉県部,下総(しもうさ)台地にある市。1981年市制。市名は成田街道と佐倉街道の交差点四街道と呼んだことに由来する。明治初期以来陸軍演習場など軍施設が置かれ,現在も陸上自衛隊が駐屯する。米麦,サツマイモ,ラッカセイを産する農村地区であるが,千葉市の北に接し,1960年代から工場進出,宅地化も著しい。総武本線,東関東自動車道が通じる。東日本大震災で,市内において被害が発生。34.52km2。8万6726人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「四街道[市]」の解説

よつかいどう【四街道[市]】

千葉県中北部の市。1955年千代田町と旭村が合体して四街道町となり,81年市制。人口7万9495(1995)。千葉市と佐倉市の間に位置する。市名は市街地西部の佐倉街道と成田街道との交差点を,四街道と呼んだことに由来する。市域下総(両総)台地の一部である下志津原に広がり,かつては六方野(ろつぽうの)と呼ばれる原野で,近世には佐倉藩主らの鷹狩の場所であった。ここに幕末になって佐倉藩の砲術練習場,1874年には陸軍練兵場,86年陸軍砲兵射的学校(のちの砲兵射撃学校)が置かれ,軍都として発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android