コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回帰熱(再帰熱) かいきねつさいきねつ Relapsing Fever

翻訳|Relapsing Fever

1件 の用語解説(回帰熱(再帰熱)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かいきねつさいきねつ【回帰熱(再帰熱) Relapsing Fever】

[どんな病気か]
 回帰熱スピロヘータの感染によっておこる伝染病で、病人や、このスピロヘータを保有するネズミ、リスなどから、シラミ、ダニの媒介(ばいかい)で人間に感染します。
 アジアアフリカ・アメリカ大陸の熱帯圏の風土病で、これらの地域からもち込まれて小流行することがあるので、日本では感染症予防法の4類感染症に指定されています。
[症状]
 潜伏期間は3~9日です。感染後、5~7日で寒け、震えをともなって40℃前後の高熱が出ます。頭痛、腰痛(ようつう)、筋肉痛のほか、嘔吐(おうと)、軽い黄疸(おうだん)、皮下出血(ひかしゅっけつ)などもおこります。重症になると、意識が混濁(こんだく)し、うわごとをいったりします。
 熱は、4~7日くらい続いて急に下がり、ほかの症状も回復しますが、1週間前後の平熱の期間をおいて、また発熱をはじめとする症状がぶり返します(この病名の由来)。ときに、3回、4回とくり返すことがあり、この場合は、しだいに間隔がのび、熱が低くなり、そのほかの症状も軽くなります。
 症状と血液の顕微鏡検査でスピロヘータが見つかることで診断がつきます。
[治療]
 テトラサイクリン抗生物質ペニシリンが有効です。
 シラミやダニの駆除(くじょ)、ネズミ捕殺、病人の隔離(かくり)を励行します。港湾、空港での検疫(けんえき)も行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

回帰熱(再帰熱)の関連キーワードエリスロマイシン回帰熱スピロヘータ鼠咬症ライム病何心地神経梅毒ピロレプトスピラ芳我石雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone