コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回帰熱(再帰熱) かいきねつさいきねつRelapsing Fever

翻訳|Relapsing Fever

1件 の用語解説(回帰熱(再帰熱)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かいきねつさいきねつ【回帰熱(再帰熱) Relapsing Fever】

[どんな病気か]
 回帰熱スピロヘータの感染によっておこる伝染病で、病人や、このスピロヘータを保有するネズミ、リスなどから、シラミ、ダニの媒介(ばいかい)で人間に感染します。
 アジアアフリカ・アメリカ大陸の熱帯圏の風土病で、これらの地域からもち込まれて小流行することがあるので、日本では感染症予防法の4類感染症に指定されています。
[症状]
 潜伏期間は3~9日です。感染後、5~7日で寒け、震えをともなって40℃前後の高熱が出ます。頭痛、腰痛(ようつう)、筋肉痛のほか、嘔吐(おうと)、軽い黄疸(おうだん)、皮下出血(ひかしゅっけつ)などもおこります。重症になると、意識が混濁(こんだく)し、うわごとをいったりします。
 熱は、4~7日くらい続いて急に下がり、ほかの症状も回復しますが、1週間前後の平熱の期間をおいて、また発熱をはじめとする症状がぶり返します(この病名の由来)。ときに、3回、4回とくり返すことがあり、この場合は、しだいに間隔がのび、熱が低くなり、そのほかの症状も軽くなります。
 症状と血液の顕微鏡検査でスピロヘータが見つかることで診断がつきます。
[治療]
 テトラサイクリン抗生物質ペニシリンが有効です。
 シラミやダニの駆除(くじょ)、ネズミ捕殺、病人の隔離(かくり)を励行します。港湾、空港での検疫(けんえき)も行ないます。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone