コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教心理学 しゅうきょうしんりがく psychology of religion

5件 の用語解説(宗教心理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗教心理学
しゅうきょうしんりがく
psychology of religion

宗教を社会的,文化的な場における人間の行動の一様相と考え,そこに発現する諸現象を心理学的に取扱う心理学の一分野。そこで扱われる宗教的意識ないし行為のなかには,不安や罪の意識の発生と解消,態度や信念の発達,回心によるパーソナリティの急激な転換あるいはその統合過程の発達,認知の変容とその背後にある動機づけとの関連などさまざまな心理学的過程が含まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅうきょう‐しんりがく〔シユウケウ‐〕【宗教心理学】

個人・集団・人種など、さまざまなレベルでの宗教現象の心理的側面を実証的に研究する学問。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうきょうしんりがく【宗教心理学 psychology of religion】

宗教現象を心理学的に研究することを課題とする学問。宗教学の一領域であるとともに心理学の一領域でもあり,重なり合う部分をもつ。近代の心理学は〈霊魂soulなき心理学〉をめざしてきた。しかるに宗教は,霊界,死後の世界,神や仏などつかみどころのないものを相手どって,断食をしたり,祈ったり,巡礼をしたりする。なぜ人間はこうした目に見えない世界と対峙して,日常生活とは違った営みをしてきたのか。こうした問題に,神の側からではなく,人間側の営みとしてこれを研究してみようとしたとき宗教学が生まれ,そうした意識や経験に焦点をあてるとき宗教心理学が成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅうきょうしんりがく【宗教心理学】

回心の過程、信仰による意識の変化、罪の意識といった宗教現象の心理的側面を、実験心理学さらには深層心理学の方法を用いて研究する学問。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗教心理学
しゅうきょうしんりがく
psychology of religion

宗教現象の心理的側面の実証的研究。通常、深層心理学人格心理学社会心理学異常心理学などの視点や方法や洞察を広く援用しつつ、宗教心理の構造・機能・発達などを分析考察するものであるが、宗教学の一分野としては、宗教そのものの理解・解明を心理的次元から目ざす学問である。19世紀から20世紀初頭にかけて、主としてアメリカ合衆国において成立したスターバックEdwin Diller Starbuck(1866―1947)の『宗教心理学』(1899)、ウィリアムジェームズの『宗教的経験の諸相』(1902)は初期の代表的業績である。その後1920年代からは、フロイトユングなどの深層心理学が宗教心理の無意識的次元の解明に貢献した。
 1940年代以降には、社会心理学や人格心理学の角度からの研究が展開した。方法論としては、質問紙法、手記資料法、実地調査(参与観察)、象徴解釈、心理テストなど多岐にわたる。主要なテーマには、回心、神秘主義、宗教的成熟、信仰治療、憑依(ひょうい)現象などがある。[松本 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宗教心理学の言及

【宗教学】より

…また宗教の比較は当然のこと宗教の歴史への関心を内包しており,そこから歴史学や考古学の成果をとり入れた宗教史学の立場(たとえばC.P.ティーレ,N.ゼーデルブロム)が追求されることになった。他方,19世紀にいたり社会学や心理学が新たに勃興すると,それが宗教研究にも刺激を与え宗教社会学(たとえばM.ウェーバー,É.デュルケーム)や宗教心理学(たとえばE.D.スターバック)の研究分野がひらかれた。またとくに近代にいたり,世界各地の植民地において数多くの未開宗教に関する調査資料が集められるようになると,そこから民族学=人類学(たとえばJ.G.フレーザー)の方法による部族宗教の研究(宗教人類学)が盛んになった。…

※「宗教心理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宗教心理学の関連キーワード一般心理学宗教民族学青年心理学電気生理学比較心理学幼児心理学宗教史ライフサイエンス生態学的研究生理学的心理学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗教心理学の関連情報