コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団伊玖磨 ダンイクマ

デジタル大辞泉の解説

だん‐いくま【団伊玖磨】

[1924~2001]作曲家・指揮者・随筆家。東京の生まれ。東京音楽学校卒。芸術院会員。団琢磨の孫。山田耕筰諸井三郎らに師事。昭和28年(1953)、芥川也寸志黛敏郎と「三人の会」を結成。創作オペラ「夕鶴」「楊貴妃(ようきひ)」「ひかりごけ」、随筆「パイプのけむり」など。平成11年(1999)文化功労者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

団伊玖磨【だんいくま】

作曲家。東京都生れ。三井財閥団琢磨(たくま)の孫。東京音楽学校(現,東京芸術大学)卒業。1953年に芥川也寸志(やすし)・黛敏郎とともに自作発表のための〈3人の会〉を結成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

団伊玖磨 だん-いくま

1924-2001 昭和後期-平成時代の作曲家。
大正13年4月7日生まれ。団伊能の長男。下総皖一(かんいち),橋本国彦,諸井三郎に師事。「挽歌」「交響曲イ調」でみとめられ,昭和27年初演のオペラ「夕鶴」で知られる。翌年芥川也寸志(やすし),黛(まゆずみ)敏郎とともに三人の会を結成。41年芸術院賞,48年芸術院会員。平成9年オペラ「建・TAKERU」を発表,同年日中文化交流協会会長。11年文化功労者。平成13年5月17日死去。77歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。随筆に「パイプのけむり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だんいくま【団伊玖磨】

1924~2001) 作曲家・指揮者。東京生まれ。東京音楽学校卒。団琢磨の孫。山田耕筰、諸井三郎らに師事。創作オペラや管弦楽、映画音楽などの分野で活躍。代表作に「夕鶴」「楊貴妃」「ひかりごけ」など。随筆家としても知られ、著に「パイプのけむり」などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の団伊玖磨の言及

【童謡】より

…しかし,子どもの流行歌としての〈レコード童謡〉の量産がその質の低下をもたらし,戦後再び子どもの歌の運動が起きた。〈赤い鳥〉の流れをくむ詩人サトウハチロー(1903‐73)や新進作曲家団伊玖磨(1924‐ ),芥川也寸志(1925‐89),中田喜直(1923‐ )らによるもので,NHKのラジオ番組〈歌のおばさん〉を媒介とし,ここから《めだかの学校》《ぞうさん》など,簡単な旋律でありながら,芸術味のある歌が誕生した。ついで中田喜直,磯部俶(1917‐ )らによる〈ろばの会〉が結成され,彼らは〈レコード童謡〉のイメージから脱皮すべく童謡の名称を用いず,〈こどものうた〉とよんだ。…

【夕鶴】より

…現実の方言をもとにした普遍的方言をせりふ表現として作り出しつつ,正統的戯曲方法によって描いた作者の代表作で,抑圧された女性や勤労者観客の支持を得,史学,民俗学,言語学などの面からも注目された。鶴女房【野村 喬】
[音楽]
 団伊玖磨(1924‐ )のオペラ作品。木下順二の戯曲をほとんどそのまま台本として用い,1950年から51年にかけて作曲され,52年1月30日藤原歌劇団(ソリストは原信子,大谷冽子,木下保,柴田睦陸)によって初演され,以後スイス(1957),西ドイツ(1959),アメリカ(1960)など海外でもとりあげられた。…

※「団伊玖磨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

団伊玖磨の関連キーワード馬鹿が戦車でやって来る日本芸術院賞砂原美智子宍倉 正信橋本 國彦小島 琢磨中村 邦子高野 喜長団 伊能小野 衛梶原 完木下 保原 信子管弦楽代表作

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

団伊玖磨の関連情報