コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団結禁止法 だんけつきんしほうCombination Acts

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

団結禁止法
だんけつきんしほう
Combination Acts

イギリスで 1799,1800年に制定された労働組合やその他の産業上の団結を禁止する法律。 18世紀中葉から初期労働組合の運動は個別的に否定されてきたが,フランス革命期になって政治改革運動の発展を押えるためにピット (小) 内閣によって一般的に団結が禁止された。雇用者の団結に対しては適用されなかった。 24年 F.プレースらの努力で撤廃された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

団結禁止法【だんけつきんしほう】

資本主義の初期に労働者(もしくは使用者も含む)の団結行動を禁じ,近代市民社会の自由市場イデオロギーの原理を実現するという名目で,実質的には労働運動を抑圧するため各国で制定された法律の一般的呼称。
→関連項目ロンドン通信協会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だんけつきんしほう【団結禁止法 Combination Act】

労働者の団結やストライキを違法とした1799年のイギリスの法律。18世紀末のイギリス社会には,産業革命の展開にともなって労働者階級の本格的な成立がみられたが,フランス革命の影響によって急進主義運動に拍車がかけられ,織布工をはじめ各種産業部門に労働争議や騒擾(そうじよう)が頻発した。こうした背景のなかで,政府は同法を制定し,対革命フランス戦争の遂行のためにも断固国内治安を確保しようとした。翌1800年には,これに代わって,労働争議への仲裁の規定を加え,賃下げや労働時間延長のための雇主の団結を禁止するなど,一部手直しした新団結禁止法が制定された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の団結禁止法の言及

【イギリス】より

…他方,賃労働者の雇用・生活条件改善のための労働組合は,国家やギルドの職人保護規制が後退した18世紀,これに代わるものとして始まった。1824‐25年の団結禁止法撤廃は自由主義経済思想の勝利だったが,27年には〈ソーシャリスト(社会主義者)〉という言葉がオーエン主義の機関紙に登場し,協同とコミュニティと組合が当時の労働運動を特徴づけた。第1次選挙法改正(1832)の階級的性格が露呈され,政治的民主主義の確立をめざすチャーチズム(チャーチスト運動)がこれにつづくが,ビクトリア中期の繁栄のなかで,飢餓と貧困に結びついたこの運動の政治的基盤が消え,自助の時代が到来する。…

【争議権】より

…労働組合の活動は,労働の自由な取引を制限するコンスピラシーconspiracy(共謀)であるとして,違法にされたのである。その後,1824年に個人の自由の原則に従って許されること――自由に集会に参加し,労働の売渡しを差し控えること――は集団的に行っても許されることを認めた(団結禁止法の撤廃)。さらに,1875年には,共謀及び財産保護法を制定して,個人の自由という市民法の原理を超えて,暴力・脅迫などを伴わない争議行為の刑事免責を規定した。…

※「団結禁止法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

団結禁止法の関連キーワードイギリス史(年表)産業革命史(年表)ル・シャプリエ法ピット(小)治安警察法ヒューム友愛組合労働法雇用者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android