困(漢字)

普及版 字通「困(漢字)」の解説


常用漢字 7画

(異体字)
8画

[字音] コン
[字訓] くるしむ・こまる

[説文解字]
[甲骨文]

[字形] 象形
枠に木をはめて、出入を止める門限の形。(こん)の初文。〔説文〕六下に「故なり」というのは〔管子、地図〕にいう「困殖の地」すなわち開墾地の廬舎の意とするものであるが、字の本義としがたい。〔子、大略〕「井里の厥(けつ)」は〔晏子、雑上二十三〕の「井里の困」にあたり、門(もんけつ)をという。〔説文〕古文の字はに作り、進入を防ぐ木の意であろう。のち門限の字にを用い、困急・困難の意に困を用いる。

[訓義]
1. とめ木、門の出入を禁ずるものでの初文。のちその義にを用いる。
2. 木のわく、進退にくるしむ、こまる、きわまる、あやうい。
3. とぼしい、まずしい、つかれる、みだれる。
4. 田中の廬。
5. 易卦の一。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕困 ハナハダシ・キハム・クルシム・クルシブ・タシナム・クルシ・ネムコロ・ミダル・ツカル 〔字鏡集〕困 ハナハダシ・キハマル・キハム・タシナム・ミダル・ツカル・クルシブ・クラ・ネンゴロ・タハシ(シナ)ム・クルシ・ウム

[声系]
〔説文〕に困声として梱・悃など三字を収める。梱は〔説文〕六上に「門なり」とあっての初文。は〔玉〕に「門限なり」とあって門闕の意である。

[語系]
困・悃khunは同声。匱giutは空乏の意の字。困を困乏・困窮の意に用いるのは、匱と同系の語として用いるものであろう。

[熟語]
困畏・困慰・困・困・困臥・困悔・困学・困匱困却・困窮・困急・困窘困苦・困窶・困劇・困竭・困蹶・困・困蹇・困殺・困蹙・困傷・困辱困悴・困酔困睡・困折・困絶・困賤困阻・困息・困・困滞・困餒・困知・困躓・困・困闘・困橈困篤・困毒・困頓・困屯・困敦・困難・困敗・困廃困憊・困・困薄・困否・困・困・困貧・困弊・困兵・困敝困勉・困乏・困・困眠・困・困・困厄・困・困約・困隘・困抑・困立・困吝困累・困劣
[下接語]
艱困・飢困・匱困・久困・救困・窮困・窘困・苦困・窶困・遇困・孤困・昏困・疾困・酒困・受困・愁困・重困・春困・消困・乗困・常困・心困・振困・衰困・多困・知困・屯困・難困・疲困・病困・貧困・兵困・弊困・乏困・民困・厄困困・困・老困

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android