コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民楽派 こくみんがくは nationalist school

4件 の用語解説(国民楽派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民楽派
こくみんがくは
nationalist school

19世紀前半からスラブ系民族の間に起り,東ヨーロッパ北ヨーロッパ諸国,イベリア半島などに次第に広がっていった民族主義 (ナショナリズム) の立場に立つ作曲家たち。各民族固有の音楽語法を重視し,各民族の伝説,歴史,自然風土,民衆生活から標題的素材を選び,民族的性格を強調した音楽を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくみん‐がくは【国民楽派】

19世紀から20世紀にかけ、ヨーロッパ各国で興った、民族主義に根ざす音楽流派。ロシアグリンカチェコスメタナノルウェーグリーグスペインアルベニスらがその代表。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こくみんがくは【国民楽派】

一九世紀にボヘミア・ロシア・北ヨーロッパから起こった音楽運動。西ヨーロッパの技法・様式を踏襲しつつ、自国の民族性を主張・表現しようとするもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民楽派
こくみんがくは
nationalist school

19世紀中ごろから20世紀にかけて、主としてヨーロッパ音楽の主流をなしていなかった地域を中心におこったナショナリズム(国民主義)音楽を総体的にとらえた呼称。この一派の作曲家は、ロマン派音楽の手法にもっとも強く影響を受けながらも、自民族に継承されていた音楽や伝説などに着目し、創作活動を行った。国民楽派の典型は、グリンカに始まり、いわゆる「五人組」と称せられているキュイバラキレフボロディンムソルグスキー、リムスキー・コルサコフに受け継がれたロシアにあるといえよう。しかし、チェコスロバキアのスメタナドボルザークヤナーチェクハンガリーのバルトークとコダーイスカンジナビアガーゼグリーグシベリウスも忘れてはならない存在である。一方、かつては他国に比して優れた音楽文化を示しながら、しだいに影の薄くなっていった国でも、国民楽派とよばれる作曲家が登場。イギリスではエルガーホルストボーン・ウィリアムズらにその傾向が顕著にみられ、スペインでは、ドレルに続くアルベニスグラナドス、さらにファリャ、ニン、チャピ、トゥリーナらの近代の作曲家にも受け継がれている。新大陸においてはアメリカのコープランド、ガーシュインアイブスバーンスタインメキシコチャベスブラジルビラ・ロボスらがあげられる。[アルバレス・ホセ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国民楽派の関連キーワードグニェズノスラブ学スラブ主義汎スラブ主義スラブイスタナカンポングラム大阪府藤井寺市沢田山口県熊毛郡平生町佐賀パン・ゲルマン主義パン・スラブ主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国民楽派の関連情報