コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際労働憲章 コクサイロウドウケンショウ

4件 の用語解説(国際労働憲章の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐ろうどうけんしょう〔‐ラウドウケンシヤウ〕【国際労働憲章】

ベルサイユ条約の第13編にあたる国際労働規約。ILOの設置を定め、1日8時間の労働、週休制、児童労働の禁止、男女の同一労働同一賃金などの労働に関する一般原則を定める。1946年、国際労働機関憲章に引き継がれた。労働憲章

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国際労働憲章【こくさいろうどうけんしょう】

ILO憲章

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こくさいろうどうけんしょう【国際労働憲章】

ベルサイユ条約第一三編(労働編)のこと。労働の非商品性、結社の権利、最低賃金、1日8時間の労働、男女の同一報酬など労働に関する一般的原則と、 ILO の設置を定めている。1946年、国際労働機関憲章に代えられた。労働憲章。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際労働憲章
こくさいろうどうけんしょう

国際労働機関憲章(ILO憲章)The Constitution of the International Labour Organizationともいう。ILO憲章が何を意味するかは時代により違いがある。まず第一次世界大戦後の1919年にベルサイユ条約が締結されたが、このベルサイユ条約の第13編は「労働編」と題して国際労働機関(ILO)の設置を決めるとともに、以下の内容を「一般原則」として定めた。すなわち、労働は単なる商品ではないこと、労働者の結社権、適正な賃金、1日8時間・週48時間労働制、週休制、児童労働の禁止と年少労働の制限、男女同一労働同一賃金原則、労働監督制の実施などである。これを国際労働憲章(旧憲章)とよんだ。
 ILOは、第一次世界大戦後初めてできた政府、労働者、使用者の三者構成の国際組織として、労働条件の国際的平準化、世界各国の経済競争条件の平準化について一定の役割を果たした。ただ、当時成立したばかりの社会主義ロシアを排除したり、また当時存在した国際労働運動のうち社会民主主義的潮流のみの影響が強かったことなど、いくつか限界をもっていた。その後第二次世界大戦が反ファシズム闘争として闘われ、この経験を経るなかで1944年、ILOは「すべての人間は……物質的福祉および精神的発展を追求する権利をもつ」というフィラデルフィア宣言を採択した。そして1946年に現在のILO憲章が採択されるにあたり、この宣言は旧憲章の「一般原則」にかえて付属書として取り入れられた。[木下秀雄・吉田美喜夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際労働憲章の関連キーワードILO国際労働組合連合国際労働組合連盟パリ講和会議平和条約ベルサイユ条約国際労働者協会国際労働機関憲章ILO条約国際労働会議

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone