コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国風文化 こくふうぶんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国風文化
こくふうぶんか

平安時代中期以降の日本文化。7世紀から9世紀にかけて,日本は唐を中心とする大陸文化の摂取に努めたが,10世紀頃から 12世紀にかけては日本独特の文化を創造するようになる。平安時代前期までの文化はあらゆる面で唐の影響を強く受けて発達したので唐風文化と呼ばれ,これに対し中期から後期にかけては著しく日本化されたものとなったので国風文化と呼ばれる。また,この時代の文化が藤原氏の摂関政治を中心とする貴族社会を背景に展開されたので,藤原文化とも呼ばれている。国風文化の形成は,遣唐使の停止がその契機となった。その基盤は,広大な荘園を背景として営まれた藤原摂関家を中心とする貴族社会の栄華に負うところが大きい。国風文化の展開に大きな役割を果したのは,かな文字の発達と浄土思想の普及である。唐風文化の衰退と国風文化の発展とをよく示すものは,漢文学の退潮と国文学の勃興であり,かな文字の発明によって,国語で表現する和歌,物語,日記,随筆などの国文学は未曾有の盛況を呈した。宗教では浄土教が著しく普及した。浄土教の信仰は,当時盛んになった末法思想と相まって,貴族の間に盛んになっていった。そしてその流行は,この時代の美術を浄土美術として特色づけた。すなわち建築においては阿弥陀堂が,彫刻においては阿弥陀像が,絵画においては阿弥陀来迎図が流行し,住宅建築として寝殿造が現れ,絵画面ではやまと絵が勃興した。 (→藤原時代 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくふう‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【国風文化】

平安中期から後期にかけて栄えた、温雅な日本ふうの貴族文化。仮名文学・寝殿造り大和絵仏像彫刻など諸分野でその特色がみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国風文化【こくふうぶんか】

唐風文化に対する日本風文化をいう。平安中期以降に唐の衰滅遣唐使の中止などによって唐文化の影響が弱まり,仮名文学(女流文学)の発達,浄土教の流行による浄土教美術・建築の発展などを特徴とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こくふうぶんか【国風文化】

平安中期から後期にかけて発達した日本風の貴族文化。遣唐使の中止によって唐風が薄れ、仮名文学・寝殿造り・大和絵・浄土教芸術などが発達した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国風文化
こくふうぶんか

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国風文化の関連キーワード弘仁・貞観文化禅宗美術葡萄唐草国体思想紀貫之茶道絵巻

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国風文化の関連情報